JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

じきけん

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:第6号科学衛星「じきけん」/EXOS-B(Exospheric Satellite-B)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1978年9月16日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3H
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1978087A

じきけんは、太陽風(太陽から吹き出す高速プラズマ流)と地球大気の影響でいろいろな物理現象を起こす磁気圏(地球の周囲半径約6万~7万kmの範囲)の観測、なかでもオーロラの観測を主目的とした磁気圏衛星です。広大な領域をもつ磁気圏の現象を解明するため、遠地点高度30,000km、近地点高度220kmの軌道に打ち上げられました。また、磁気圏は領域が広いため、第5号科学衛星きょっこうとの連係観測や、南極の昭和基地から打ち上げられる観測ロケットとの同時観測、地上にある磁場や電波観測網なども動員して観測を行なっています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

じきけん外観図
じきけん外観図

多面体の本体に水平4方向と、下方向に長いアンテナがついています。本体は高さ60cm、対面寸法75cm、センサのついたアンテナは約50m、30mの長さになっています。重量は90kgです。

2.どんな目的に使用されるの?
じきけんはきょっこうとともに、1976年から1979年にわたって実施された、国際磁気圏観測計画に参加し、磁気圏の観測を行ないました。磁気圏の波動粒子相互作用の実態を解明するために使用されており、GEOSなど外国の科学衛星との相互連絡やデータ交換も行なわれています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
じきけんは南極から送信した、低周波の受信に成功しました。それによって、磁気圏のプラズマと波動の相互作用の研究に光明を与えました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
EXOSシリーズには、きょっこうおおぞらあけぼのがあります。

5.どのように地球を回るの?
高度30,100kmから220km、傾斜角31度の長楕円軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍、齋藤成文「日本宇宙開発物語」三田出版会