JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

EXPRESS

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:回収型衛星「EXPRESS」
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/ドイツ宇宙機関(DARA)
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/ドイツ宇宙機関(DARA)
打ち上げ年月日:1995年1月15日
運用停止年月日:1995年1月15日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)

最後のミュー3型ロケットとなったM-3SIIにより打ち上げられた「EXPRESS(エクスプレス)」は、ドイツ航空宇宙機構(DARA)がロシアに依頼して製造した再利用可能な回収型カプセルで、初の日独共同宇宙プロジェクトとして5回程度の実験をおこなう予定でした。第1回実験として1995年1月15日に内之浦から打ち上げられた「EXPRESS」は、地球周回軌道上で約5日間にわたり材料実験をおこなった後、21日にオーストラリア南部、ウーメラ付近の砂漠で回収されることになっていました。しかし、第1段切り離し後に異常振動が発生、予定より高い軌道に乗った後、地球を2周して行方不明になりました。振動の原因は重量過多で、当初は太平洋上に落下、水没したものと考えられていましたが、1995年12月にアフリカのガーナからカプセル発見の報が入り、1996年1月にDARA関係者が「EXPRESS」であることを確認、後に回収されています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径約1m、高さ約2.3mのカプセル型で、重量は約765kg。

2.どんな目的に使用されるの?
地球周回軌道上の微小重力環境で、新しい石油精製の触媒を作る実験を予定していました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
わずか2周で地球へ落下したため材料実験の成果はありませんでしたが、カプセルが無事発見されたことにより、大気圏突入時の耐熱材試験には成功しています。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
日本の宇宙実験衛星としては1995年3月にH-IIロケットで打ち上げられたSFU(宇宙実験・観測フリーフライヤ)が知られていますが、これは地球へ再突入するカプセル式ではなく、スペースシャトルによって回収されています。

5.どのように地球を回るの?
高度210kmの長円軌道の予定でした。

※参考文献:大澤弘之・監修「日本ロケット物語」三田出版会・発行、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会・発行、山中龍夫・的川泰宣・著「宇宙開発のおはなし」日本規格協会・発行