JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

宇宙生命

シェア

関連情報

宇宙生命が存在する星の数をあらわす「ドレイクの方程式」

私たちの太陽系が属している銀河系には、2,000億個もの恒星があるといわれています。そして、宇宙にはこのような銀河が数億個以上あると考えられています。地球の近傍だけでもすでに300個を超える系外惑星が発見されていますから、中には生命を発生させ、高度な文明をもつ惑星があっても不思議ではありません。

アメリカのフランク・ドレイクは、「今現在、銀河系内にどれくらいの知的生命が住む星があるか」を推定する式を考えました。

N=Ns×fp×ne×fl×fi×fc×L

N 銀河系に存在する高等文明の数
Ns 銀河系に毎年うまれる恒星の数
fp その恒星が惑星系をもつ確率
ne そのなかで生命が生存可能な環境をもつ惑星の数
fl そこに生命が発生する確率
fi その生命が知的生命体に進化する確率
fc その生命体が他の星に対して通信をおこなえる確率
L その高等文明の継続時間

導き出されるNの値が、地球人と交信可能なレベルの文明をもつ星の数になります。ただし、このNの答えは人によってまちまちです。特にflやfi、fcやLの値はいまだ観測などからは明らかにすることはできません。そのため、答えが1万~100万個とする人もいます。

宇宙人へのメッセージ

「他の知的生命体交流することはできないだろうか?」と考えた科学者たちによって、これまでさまざまな試みがなされてきました。1960年にはドレイクらによって、地球外知的生命体からのメッセージを捉えようという「オズマ計画」が行われました。また、1972年~73年に打ち上げられた惑星探査機「パイオニア10号・11号」にはアルミ製のメッセージボードが、1977年に打ち上げられた惑星探査機「ボイジャー1号・2号」には、地球の音や様々な国の言葉での挨拶を録音したレコード盤が載せられました。これらは、太陽系を離れ深宇宙へと向かう探査機が、どこかで知的生命体に出会ったときに人類のことを知らせる手紙なのです。

惑星探査機「パイオニア10号・11号」に積まれた地球外知的生命への手紙。人間の大きさや姿かたち、地球の位置などが書かれています。
惑星探査機「パイオニア10号・11号」に積まれた地球外知的生命への手紙。人間の大きさや姿かたち、地球の位置などが書かれています。

太陽系における地球外生命の可能性

19世紀末、火星には「人工的な運河がある」として、知性の発達した「火星人」が存在すると考えられたこともあります。しかし1976年の火星探査機「バイキング1号・2号」による調査では、微生物の存在さえも確認されませんでした。ただし、火星には水によってできたと考えられる地形があることや、極地方に多量の氷が存在することなどから、かつては原始的な生命が存在したのでは、とも考えられています。最近では、火星大気につねにメタンが供給されていることが明らかになり、現在でも原始的な生命が存在しているのではないか、という期待もあります。また、木星の衛星エウロパ土星の衛星エンケラドスには、表面を覆う厚い氷の下に液体の水の海があることが指摘されています。地球に比べ太陽のエネルギーが非常に少ない極寒の世界ですが、地球の深海では熱水の湧き出るところの周囲に生物が群がっている例もあり、何かしらのエネルギー源があれば、生物の存在する可能性もゼロではないと考えられています。

エウロパの内部構造の想像図。青い部分が、液体の水の海であると考えられているところです。 (c) NASA/JPL
エウロパの内部構造の想像図。青い部分が、液体の水の海であると考えられているところです。 (c) NASA/JPL