JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

代表的な未来ロケットの原理(1)

シェア

関連情報

プラスのイオンを電気的に加速する「電気ロケット

推進剤(セシウムやヨウ素など)を、電極によってプラスとマイナスのイオンにし、プラスのイオンを加速電極により電気的に加速して噴射(ふんしゃ)します。イオンというのは、プラスもしくはマイナスの電気をもった粒子(りゅうし)のことで、プラスはマイナスに引かれマイナスはプラスに引かれるという性質を利用したしくみです。電気ロケットの噴射ビームのパワーは小さいものですが、速度は大きく、長時間噴射することができます。

液体水素を原子炉の熱で加熱する「原子力ロケット

液体水素を原子炉の熱によって加熱し、噴射します。化学ロケットに比べて噴射速度が格段に大きく、また、原子力エンジンに使うウラン燃料は、ごく小さいものでも大きな熱を長時間発生するので、ロケットの機体を軽くすることができるという利点があります。

小型の核融合物質を爆発させて進む「核融合パルスロケット

小型の核融合物質を連続して爆発させ、その爆発力を反射プレートなどで受けて推進します。たとえば、連続爆発は毎秒200回にもおよびます。