JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ガリレオ・ガリレイ

シェア

関連情報

イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイ(1564~1642)は、天体望遠鏡を用いた詳細な天体観測や地動説の提唱者のひとりとして知られています。ガリレオは、レンズを組み合わせることで従来にない拡大率で遠方の物体の細部を詳細に観察できる機器を自作しました。その望遠鏡は屈折式望遠鏡の一種で、ガリレオの名を冠して現代でも「ガリレオ式望遠鏡」と呼ばれています。その望遠鏡を用い、ガリレオは月面の地形や木星を観測して、木星には4つの衛星があることを発見しました。その4つの衛星は、現在でも「ガリレオ衛星」と呼ばれています。そして、その木星の衛星木星の周りを回って運動する姿を観測しました。これにより、ガリレオは地球太陽の周りを回っているという地動説を考え出しました。ガリレオは地動説の提唱によって、天動説を唱える学者やキリスト教会から迫害を受け、宗教裁判にかけられました。「それでも地球はまわっている」という有名なガリレオの言葉には、自身の理論を最期まで信じ続けた彼の学者魂が感じとれます。また、物体の落下の法則の発見など、物理学にも功績を残しており、物体の運動に関する「ガリレイ変換」に名を残しています。