JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジェミニ計画

シェア

関連情報

宇宙空間での共同作業をめざして実施された計画

1961年、マーキュリー計画での有人宇宙飛行の成功に自信をつけた当時のケネディ大統領は、10年以内に人類を月に送り出すという声明を出しました。これが、のちのアポロ計画へとつながります。その実現には宇宙での共同作業をおこなう必要があり、その訓練のために生まれたのがジェミニ計画でした。2人の宇宙飛行士を同時に宇宙に送り出すという意味で、ふたご座をさす「ジェミニ」の名前が使われました。

ジェミニ6・7号のランデブーシーン
ジェミニ6・7号のランデブーシーン

改良された宇宙船で、2人の宇宙飛行士を宇宙へ

1965年3月23日にバージル・グリソムジョン・W・ヤング
の乗ったジェミニ3号が打ち上げられました。宇宙船の重量はこれまでの2倍近くの3.2tになり、ロケットには水素と酸素を使用して発電する燃料電池がはじめて使われました。2人用のスペースを確保するために宇宙船の改良がおこなわれましたが、これまでの1.5倍のスペースしか確保できず、かなりせまいものでした。

ジェミニ4号エドワード・ホワイトが、アメリカ初の宇宙遊泳

1965年6月3日に打ち上げられたジェミニ4号に搭乗したエドワード・ホワイト飛行士は、アメリカ人としてはじめて宇宙遊泳に成功しました。21分間の宇宙遊泳がおわり、帰還の指示を受けたとき、「私の生涯でもっとも悲しい瞬間だ」と言ったそうです。彼の宇宙遊泳のデータは、のちのアポロ計画で長時間の月面活動に耐えられるような宇宙服の設計などに役立てられました。

アメリカ初の宇宙遊泳をおこなったホワイト宇宙飛行士
アメリカ初の宇宙遊泳をおこなったホワイト宇宙飛行士

ジェミニ6号、ジェミニ7号が、世界初のランデブーに成功

2台の宇宙船のランデブー技術を確立することが、ジェミニ計画の目的の1つでした。そのためジェミニ宇宙船には、自力で軌道を変えるための制御ロケットが備え付けられました。これらは今までの宇宙船と区別するために「第2世代の宇宙船」と呼ばれ、旧ソ連のソユーズ宇宙船もこれにあたります。ジェミニ6号と7号は、1965年12月に地球軌道上で世界初のランデブー実験に成功しました。

ジェミニ6・7号のランデブー。約30cmの距離まで接近しました。
ジェミニ6・7号のランデブー。約30cmの距離まで接近しました。