JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジェネシス

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:ジェネシス/GENESIS(GPS Environmental & Earth Science Information System)
小分類:太陽・深宇宙探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2001年8月8日
打ち上げ国名:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタII
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍ステーション

太陽探査機「ジェネシス」は、太陽から高速で吹き出してくるプラズマ流「太陽風」を集めて地球に持ち帰るプロジェクトです。成功すれば、はじめて人類が月以外の天体から採集したサンプルを手に入れることができます。
ジェネシスは平たい本体の正面に、高純度のシリコンなどを利用した「太陽風採取装置」を持っており、これを地球から約150万キロ離れた「ラグランジュ点1」(地球太陽の重力が釣り合う場所)で開いて採集をスタートします。太陽風は非常に小さいので2004年9月まで3年間かけ、10~20マイクログラム(1マイクログラムは100万分の1g)のサンプルを収集します。収集後は回収ポッドを地球に発射し、ネバダ空軍基地で回収する予定です。サンプルはごく微量ですが、それでも今後の研究に十分な量の太陽風を集められます。サンプルの分析により、太陽を構成する元素や同位元素の正確な比率が算出でき、さらに太陽系ができた仕組みなどを検証することが期待されています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
本体は長さ2.3m、幅約2.0mの平たいパネルの上に円形の太陽風採集装置が付いています。本体の両脇には1枚の長さが6.8mの太陽電池パネルが付いており、打ち上げ時の重量は636kgです。太陽風採集装置は高純度シリコンなどで作られ、3年間太陽風を受けて10~20マイクログラムの太陽風粒子を採集することができます。収集したサンプルは回収容器に集められ、2004年9月に地球に戻ります。回収カプセルは長さ1.31m、直径1.5mの円筒です。

2.どんな目的に使用されたの?
太陽風に3年間晒されて10~20マイクログラムの太陽風サンプルを収集します。これによって太陽の元素の存在比を正確に測定でき、太陽系のできる仕組みを解明することが期待されています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2001年8月8日に打ち上げられ、約1ヵ月後に地球太陽の重力が釣り合う場所「ラグランジュ点1」に到着し、先端に付いている「太陽風採集装置」を開いて、太陽風サンプル採集をはじめました。採集は2004年9月まで3年間続けられ、その後太陽風サンプルを集めた回収カプセルが再び地球に戻り、ネバダ空軍基地上空で回収される予定です。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
2001年8月8日にデルタIIロケットにより、ケープ・カナベラル空軍基地から打ち上げられ、64分後にロケットから放出、太陽電池パネルを展開しました。2001年11月16日に、地球から約150万km(0.01AU)離れた「ラグランジュ点1」に到着し、太陽風の採集を開始しています。