JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひまわり

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:静止気象衛星「ひまわり」/GMS(Geostationary Meteorological Satellite)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/気象庁
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/気象庁
打ち上げ年月日:1977年7月14日
運用停止年月日:1989年6月30日
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:デルタ2914型
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1977065A

「ひまわり」は、世界気象機関(WMO)と国際学術連合会議(ICSU)が共同で行なった地球大気観測計画(GARP)の一環として打ち上げられました。宇宙からの気象観測に利用するもので、テレビの天気予報でもおなじみの衛星です。約2,500本の走査線で30分ごとに地球画像の取得が可能な、可視赤外線走査放射計(VISSR)などを搭載しています。毎分100回転の自転による、スピン安定方式で姿勢を制御します。

また、「ひまわり」の撮像装置ビッサ(VISSR)の受光用光電管の電源のうち、第4チャンネル用が1977年11月に、第6チャンネル用が1978年3月に、高圧コロナ放電のために動作不良になりましたが、予備器に切り換えたために大事にはいたりませんでした。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径約220cm、高さ約270cm(アポジモータ分離後)の円筒形です。重量は約315kg(静止軌道上初期)です。
搭載されている可視赤外線走査放射計(VISSR)は可視1バンド(距離分解能1.25km)と赤外1バンド(距離分解能5km)を持っていました。VISSR処理画像の中継用と通報局データの中継用の通信系機器、宇宙環境モニタ(SEM)を搭載していました。

2.どんな目的に使用されるの?
可視赤外線走査放射計(VISSR)による地球画像や、海面、雲頂面温度などの観測、VISSR処理画像の利用者への配信(高分解能ファクシミリ信号と低分解能ファクシミリ信号の中継)、ブイ・船舶・離島観測所など(通報局)からの気象観測データの収集、太陽陽子、アルファ粒子と電子の観測などに利用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
初期段階の運用と実験を経て、1978年4月6日から気象庁によって本格運用されました。そして、1981年12月21日に「ひまわり2号」と交代。その後は、軌道上待機衛星として1982年1月24日から東経約160度に置かれていましたが、搭載機器の劣化のため、1989年6月26日から29日にかけて静止衛星軌道外の軌道に移された後、1989年6月30日に停波して、運用を停止しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
静止気象衛星「GMS」シリーズとして、「ひまわり2号」、「ひまわり3号」、「ひまわり4号」、「ひまわり5号」があります。
ひまわり6号」以降は、運輸多目的衛星とその活動範囲を広げ、現在気象庁で観測、運用されています。

5.どのように地球を回るの?
高度約36,000km、傾斜角0度、周期約24時間、東経140度の静止衛星軌道でした。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍、齋藤成文「日本宇宙開発物語」三田出版会