JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひまわり3号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:静止気象衛星3号「ひまわり3号」/GMS-3(Geostationary Meteorological Satellite-3)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/気象庁
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/気象庁
打ち上げ年月日:1984年8月3日
運用停止年月日:1995年6月23日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:N-II
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1984080A

ひまわり3号」は、「ひまわり2号」を引き継ぎ、宇宙からの気象観測に利用するための衛星です。「ひまわり2号」同様、可視赤外走査放射計(VISSR)による地球画像のデータ収集や、利用者への配信、気象観測データの収集、太陽陽子、アルファ粒子と電子の観測などを行ないました。
また、1日4回、地球の雲の画像を地上に送ってきました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径約215cm、高さ約345cm(アポジモータ分離後)の円筒形で、重量は約303kg(静止軌道上初期です)。毎分100回転の自転により姿勢を制御するスピン安定方式を採用しています。

30分毎に地球画像の取得が可能な、可視赤外線走査放射計(VISSR。可視1バンド距離分解能1.25km、赤外1バンド距離分解能5km)と、VISSR処理画像の中継用と通報局データの中継用の通信系機器、宇宙環境モニタ(SEM)を搭載しています。

2.どんな目的に使用されるの?
可視赤外線走査放射計(VISSR)による地球画像データの収集、海面、雲頂面温度などの観測、VISSR処理画像の利用者への配信(高分解能ファクシミリ信号と低分解能ファクシミリ信号の中継)、ブイ・船舶・離島観測所など(通報局)からの気象観測データの収集、太陽陽子、アルファ粒子と電子の観測に利用されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ひまわり2号を引き継ぎ、1984年9月27日から気象庁によって運用されてきました。1989年12月14日にひまわり4号と交代、その後は、軌道上待機衛星として運用されてきましたが、搭載燃料の減少と太陽電池発生電力の劣化により、1995年6月21日から22日にかけて静止衛星軌道外の軌道に移動して、1995年6月23日に運用を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
静止気象衛星「GMS」シリーズとして、「ひまわり」、「ひまわり2号」、「ひまわり4号」、「ひまわり5号」があります。
ひまわり6号」以降は、運輸多目的衛星とその活動範囲を広げ、現在気象庁で観測、運用されています。

5.どのように地球を回るの?
高度3万6,000km、傾斜角0度、周期約24時間、東経140度の静止衛星軌道でした。

※参考文献:斎藤成文「日本宇宙開発物語」三田出版会