JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひまわり4号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:静止気象衛星「ひまわり4号」/GMS-4(Geostationary Meteorological Satellite-4)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/気象庁
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))/気象庁
打ち上げ年月日:1989年9月6日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1989070A

ひまわり4号」は、日本の気象業務の改善と気象衛星に関する技術の開発を目的に開発された静止気象衛星「GMS」シリーズの4号機です。また世界気象機関(WMO)が進めている「世界気象監視(WWW)計画」として、地球を5個の静止気象衛星(日本の「ひまわり」、アメリカの「GOES」2機、欧州宇宙機関METEOSAT、インドのINSAT)などでカバーする気象観測衛星のひとつを担っています。地球表面の約1/4の範囲を観測します。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

円筒型の上部にアンテナのついた形をしています。直径は約215cmで、高さは444.1cm(アポジ・キック・モータ分離前)/345.1cm(アポジ・キック・モータ分離後)です。重量は約725kg(打ち上げ時)/約325kg(静止衛星軌道上初期)となっています。
ひまわり4号」はコマのように自転する部分と、いつも地球に向くようにしているアンテナで構成されています。筒型の表面は衛星に電力を送る太陽電池パネルになっています。また、スピン安定方式で地球に対する姿勢を一定に保つとともに、衛星内部の温度を均一にするために、衛星本体は毎分100回転で自転しています。
搭載している可視赤外線走査放射計(VISSR=Visible and Infrared Spin Scan Radiometer)は走査鏡、反射鏡、レンズなどによる光学系部と、可視光線と赤外線の強さを電気信号に変える検出器で構成されます。円形の地球画像は30分ごとに得られ、同時に可視光線と赤外線の両波長の観測データ(画像)も得ることができます。

2.どんな目的に使用されるの?
ひまわり4号」に搭載した可視赤外線走査放射計(VISSR)で地球大気と地面、海面の状態を観測し、台風の発生と動き、低気圧などの気象現象、雲頂の高さ、雲量、上層・低層の風向風速、海面温度などの気象情報を得ます。このデータは、地上装置で処理した後、気象庁が行なう天気予報などの気象業務に利用されるほか、「ひまわり4号」のデータ中継機能により、アジア・太平洋地域の国々にも送信されます。
また、通報局装置(DCP:ブイ、船舶、航空機などに搭載しています)の気象観測データを収集し、東京都清瀬市の気象衛星センターに中継する機能があります。宇宙環境モニター(SEM=Space Environment Monitor)によって、太陽からの陽子、電子、アルファ粒子の強度も測定します。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
台風,低気圧,前線などの動きを常時監視し、天気予報に役立ってきましたが、「ひまわり5号」打ち上げに伴い、予備衛星となっています。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
静止気象衛星「GMS」シリーズとして、「ひまわり」、「ひまわり2号」、「ひまわり3号」、「ひまわり5号」があります。
ひまわり6号」以降は、運輸多目的衛星とその活動範囲を広げ、現在気象庁で観測、運用されています。

5.どのように地球を回るの?
東経120度、約3万5,800km上空の静止衛星軌道です。