JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ゴーズ1号

シェア

関連情報

分類:人工衛星
名称:ゴーズ1号/GOES-1(Geostationary Operational Environmental Satellite-1)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ海洋大気局(NOAA)
打ち上げ年月日:1975年10月16日
運用停止年月日:1985年3月7日
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:ソー・デルタ
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1975100A

GOES1号は、SMSシリーズの3号機として開発された気象観測用の静止衛星です。このため、SMS3号と呼ばれることもあります。
大西洋上空のSMS1号、太平洋上空のSMS2号とチームを組むことにより、地球大気圏の60%の領域をほぼリアル・タイムで観測することができました。
GOES1号をさかいに、1970年に設立されたアメリカ海洋大気局は、NASAに頼らず、完全に独力で軌道上の衛星を運用することができるようになりました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
GOES1号はもともとSMS3号として開発されたために、その機体設計はほとんど、SMS1、2号と同じでした。
GOES1号は円筒形で、直径は190.5cm、全高は230cm、打ち上げ時の総重量は295kgありました。円筒の側面には太陽電池がはめこまれており、搭載機器に電力を供給していました。上面には磁力計がさらに83cm突き出ていました。
姿勢制御にはスピン安定方式が採用されていました。これはコマと同じ原理で、衛星の軸部が常に同じ方角を向くようにする仕組みで、回転率は1分あたり100回転にも達しました。細かな姿勢ならびに回転率の制御には、機体の赤道に相当する場所に置かれた2基の噴射装置が使われていました。
搭載機器のコアとなるのは、可視光線と赤外線の2つの領域で地球を観測する可視光赤外線回転走査放射計(VISSR:Visible Infrared Spin Scan Radiometer)で、地球大気圏の様子を、ほぼリアルタイムで地上に伝えることが可能になっていました。
さらに、地上の1万もの個所からの気象測定データを地上の情報センターに中継することができました。これらの情報はセンターで処理した後、ふたたびSMSに送られ、画像情報として、また天気図として、地上局へと送りかえされました。
GOES1号にはほかに、ノア衛星のものとよく似た宇宙環境モニター(SEM:Space Environmental Monitor)と情報収集システム(DCS:Data Collection System)が搭載されていました。

2.どんな目的に使用されるの?
地球大気圏を常時観測することによって、精密ですばやい気象予測や警報ができるようにすることを目的としていました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
GOES1号は、同じ軌道上の異なる位置に置かれたSMS1、2号とチームを組むことにより、静止軌道から、地球面積のおよそ60%をカバーして気象観測を行なうことができるようになりました。
この3基の衛星と、南北両極上空の低い軌道をめぐるノア衛星との組み合わせにより、気象予測(天気予報)の精度はかくだんに高まりました。
GOES3号の打ち上げにともない、1978年12月1日、GEOS1号の運用は、NOAAから欧州宇宙機関へと委託され、西経115度へと移動されました。この1年後、GOESは再び、NOAAの管理下にもどり、今度は西経135度に移されました。
1984年には、運用中だったGOES5号の代役として再び任務につきました。1985年3月7日には、ついにその長い運用期間を終えましたが、機能を停止したまま、西経81.2度の赤道上空を周回しています。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
原形となったのはSMS1、2号です。
GOESシリーズは、1号に続いて1977年6月16日に打ち上げられたGOES2号から、1997年4月25日打ち上げのGOES10号まで10基が軌道に定置されました。1986年に打ち上げに失敗したGOES-Gを勘定に入れると、その総数は、11基に達しています。
1994年4月13日に発射されたGOES8号で、GOES衛星は新世代に突入しました。
2002年4月にGOES12(GOES-M)の、2000年5月には、GOES11号(GOES-L)の打ち上げが予定されています。

5.どのように地球を回るの?
地球の自転と同じ周期でその周りをまわるため、地上から見ると静止して見える静止軌道が採用されていました。
近地点高度35,779km、遠地点高度35,795km、公転周期は23時間56分6秒と、ほぼ完全な静止軌道でしたが、赤道に対する軌道の傾きが12.4度あったため、地上からは正確には、1日に1回、8の字の軌跡を描いているよう見えました。
当初の定置位置は、東経60度の赤道上空でしたが、1978年には西経115度に移動され、さらに、1979年には西経135度に移されました。