JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

H-I

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:H-I
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ基地:種子島宇宙センター(TNSC)
運用開始年:1986年
運用終了年:1992年

H-IロケットN-IN-IIの開発で得られた成果をもとに1981年に本格的に開発が始まりました。第1段と固体補助ロケットN-IIと同じものを使い、第2段に自主開発の液体酸素・液体水素ロケット、LE-5エンジンを採用しました。また、この第2段には再着火機能があり、2段式による中高度衛星の打ち上げが可能になりました。第3段も自主開発した固体ロケットモーターを使い、静止衛星打ち上げ能力は約550kgになりました。
誘導方式は自主開発した慣性誘導装置による慣性誘導方式です。
このH-Iでライセンス生産を含め、ほとんどの部品が国産でできるようになりました。
1986年に2段式、1987年に3段式の試験機を打ち上げました。H-Iは9回、宇宙に打ち上げられました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

3段式。
全長:40.30m〔第1段22.44m、第2段10.32m、第3段2.34m、衛星フェアリング7.91m〕。
外径:2.49m。
全備重量:139.3t(人工衛星の重さは含みません)。
推力は第1段77.1t(バーニアエンジン2基0.9t)、固体補助ロケット6本分135t、第2段10.5t、第3段7.9t。
約550kgの静止衛星を打ち上げる能力があります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
まず第1段と固体補助ロケット6本を点火してリフトオフします。固体補助ロケットの燃焼時間は39秒で、リフトオフの約40秒後に残り3本が点火します。第1段ロケットは268秒間の燃焼ののち、276秒後に分離します。第2段ロケットは280秒後に点火して、304秒後に衛星フェアリングを分離します。第2段ロケットは358秒間燃焼ののち、燃焼停止して姿勢を変更、慣性飛行に移ります。1,499秒後に第3段スピンアップをおこない、1,504秒後に第2段を分離します。1,527秒後に第3段ロケットが点火、67秒間の燃焼ののち、1,649秒後に衛星を分離して、静止トランスファ軌道に投入します。

3.どんなものを打ち上げたの?
あじさいふじふじ2号、磁気軸受フライホイール実験装置、きく5号さくら3号a/3号b、ひまわり4号もも1号bゆり3号a/3号b、ふようおりづるを打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
9回の打ち上げがおこなわれ、全て成功しています。