JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

H-IIA

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:H-IIA
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)

H-IIAロケットは、日本が独自の技術で開発した最新鋭ロケットです。21世紀の人工衛星打ち上げ・宇宙ステーションへの資材搬送などのさまざまなニーズに応えるため、従来のH-IIをより高性能にし、信頼性を高く低コスト化して開発されました。1994年から開発がスタートし、2003年12月までに6回の打ち上げが行われました。
H-IIAはH-IIの改良型ですが、ほぼ新設計と言えるほど大きな改良が加えられました。本体は直径4m、高さ53mの円柱形で、標準機体ではその左右に高さ14.9mの改良型固体ロケットブースタ(SRB-A)が取り付けられます。本体はロケットの第1段、第2段と衛星などのペイロードを入れるフェアリングの3つの部分に分かれています。第1段ロケットには、H-IILE-7エンジンを改良したLE-7Aエンジンを使い、第2段にはH-IIのLE-5Aエンジンを改良したLE-5Bエンジンを使っています。この標準機体で、高度約3万6,000kmの静止衛星軌道に重さ2tのペイロード(積み荷)を打ち上げることができます。また固体補助ロケット(SSB)を4本取り付けると、静止トランスファ軌道への打ち上げ重量を5tに増やせます。
H-IIAは、欧米やロシアと肩を並べるに十分なロケットです。今後、打ち上げ成功を重ねることで宇宙開発の発展が期待されます。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
2段式のロケットで、本体は直径4m、高さ53mの円柱形、重さは289トンです。37.2mの第1段、9.2mの第2段とペイロードを入れる12mのフェアリングの3つの部分に分かれています。
標準機体では本体の左右に高さ14.9mの「改良型固体ロケットブースタ(SRB-A)」が取り付けられます。第1段ロケットにはH-IILE-7エンジンを改良したLE-7Aエンジン、第2段にはLE-5Aエンジンを改良したLE-5Bエンジンが使われています。この標準機体で、高度約3万6,000kmの静止衛星軌道に重さ2t級のペイロード(積み荷)を打ち上げることができます。また「固体補助ロケット(SSB)」を4本取り付けると、静止トランスファ軌道への打ち上げ重量を5tに増やせます。
推力は、第1段110t、固体ロケットブースタ2本分460t、第2段14tです。さらに機体の開発期間の短縮やコストダウンも図られ、H-IIの約半分の打ち上げ費用85億円が目標とされています。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
まず第1段がリフトオフの6秒前に点火し、リフトオフと同時に固体ロケットブースタ(SRB-A)が点火します。SRB-Aは100秒間燃焼し、105秒で分離されます。打ち上げ後264秒でロケットの高度が100kmを越えるので、衛星をカバーしていたフェアリングが分離されます。385秒で第1段ロケットの燃焼が停止し、395秒後に分離します。400秒では第2段ロケットの第1回点火が行われ、この時から水平飛行に移ります。そして1,494秒後には第2段ロケットの第2回点火が行われ、衛星を静止軌道に投入します。(標準機体の例)

3.どんなものを打ち上げたの?
打ち上げた衛星などは以下のとおりです。(時間はすべて日本時間)

号機打ち上げ日ミッション
試験機1号機2001年8月29日16:00[JST]VEP-2
試験機2号機2002年2月4日11:45[JST]つばさ
VEP-3
DASH
3号機2002年9月10日17:20[JST]こだま
USERS
4号機2002年12月14日10:31[JST]みどりII
ピギーバックペイロード(μ-Lab Sat・WEOSS・Fed Sat)
5号機2003年3月28日10:27[JST]情報収集衛星
6号機2003年11月29日13:33[JST]情報収集衛星2号機
7号機2005年2月26日18:25[JST]ひまわり6号
8号機2006年1月24日10:33[JST]だいち
9号機2006年2月18日15:27[JST]ひまわり7号
10号機2006年9月11日13:35[JST]情報収集衛星光学2号機
11号機2006年12月18日15:32[JST]きく8号

4.どのくらい成功しているの?
試験機1号機、試験機2号機、3号機、4号機、5号機、7号機、8号機、9号機、10号機、11号機の打ち上げに成功しています。
6号機の打ち上げでは、ロケットミッションを達成する見込みがないとの判断から、指令破壊がおこなわれました。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
日本の実用衛星打ち上げ用ロケットとしては、N-I(静止衛星軌道への衛星打ち上げ能力130kg)、N-II(350kg)、H-I(0.5t)、H-II(2t)があります。