JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

H-IIB

シェア

関連情報

分類:ロケット

9月11日午前2時1分、H-IIBロケット試験機で打ち上げられたHTV。真夜中の打ち上げなのに昼間のように明るくなり、轟音(ごうおん)をあげて、宇宙に飛び立った。
9月11日午前2時1分、H-IIBロケット試験機で打ち上げられたHTV。真夜中の打ち上げなのに昼間のように明るくなり、轟音(ごうおん)をあげて、宇宙に飛び立った。

名称:H-IIB
開発機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)、三菱重工業株式会社
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)

H-IIBロケットは、日本の大型主力ロケットH-IIAロケットの打ち上げ能力をさらに高め、国際宇宙ステーション(ISS)や月面への物資の輸送など、将来の多様なミッションを可能にする新しいロケットです。

主な目的の一つは、宇宙ステーション補給機(HTV:H-II Transfer Vehicle)を打ち上げることです。HTVは、地上約400km上空の軌道上の国際宇宙ステーション(ISS)に、宇宙飛行士の生活に必要な食糧や衣類、ISS内の実験装置、実験用サンプルなど最大6tの物資を届ける、無人の軌道間輸送機です。

静止トランスファー軌道に最大8トンというH-IIBロケットの高い打ち上げ能力を活かして、中型衛星2機を同時に打ち上げることも可能になり、打ち上げコストが削減できます。また、H-IIAロケットH-IIBロケットを併せて運用することで、さまざまな衛星や幅広い打ち上げのニーズに対応できるようになりました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
全長は56.6m、質量は551トンで、液体酸素と液体水素を推進薬とする2段式ロケットです。円柱形で、第1段、第2段、フェアリングの3つの部分に分かれています。第1段は全長38m、全長15m、外径5.2mで、LE-7Aエンジンを2基装着しています。エンジンを複数束ねてクラスタ化することで、推力を増強しています。第2段は外径11m、外径4.0mでLE-5Bエンジンが1基搭載されています。フェアリングは全長15m、外径5.1mです。本体の左右に高さ15m、外径2.5mの固体ロケットブースタ(SRB-A)を4基取り付けています。

H-IIBロケットは、H-IIAロケットの技術を活かしつつ、より能力を高めています。H-IIAでは1基だった第1段ロケットエンジン(LE-7A)を2基搭載し、H-IIA標準型では2本だった固体ロケットブースタ(SRB-A)を4本装着しています。第1段タンクの直径はH-IIAの4mから5.2mになり、全長も1m長くすることで、H-IIAの1.7倍の推進薬を搭載できるようになるなど、推進力を増強しました。また、宇宙ステーション補給機HTVを搭載するために、衛星フェアリングは全長がH-IIA標準型の12mから全長15mに延長されました。その結果、上空約36,000kmの静止トランスファー軌道に8トン、上空約350~460kmのHTVの軌道には16.5トンという大きな打ち上げ能力を持つ、力持ちのロケットです。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
リフトオフから1分55秒後に固体ロケットブースタの燃焼終了
2分6秒後   固体補助ロケットの第1ペア分離
2秒8秒後   固体補助ロケットの第2ペア分離
3分37秒後  衛星フェアリング分離
5分44秒後  第1段主エンジン燃焼停止(MECO)
5分52秒後  第1段・第2段分離
5分59秒後  第2段エンジン始動(SEIG)
14分16秒後  第2段エンジン燃焼停止(SECO)
15分6秒後  HTV技術実証機分離

3.どんなものを打ち上げたの?
2009年9月11日に宇宙ステーション補給機(HTV)技術実証機を打ち上げました。