JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

はごろも

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査
名称:はごろも
小分類:月探査
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1990年1月24日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1990007B

はごろもは、ひてんに搭載された月周回孫衛星です。当初、宇宙開発委員の宇宙開発計画には、この衛星は計画されていませんでした。ひてんの開発現場の研究者が、計画内容にはなかったこの衛星を計画して搭載させ、打ち上げ前に正式な計画となりました。ひてんの本体上面に搭載されて打ち上げられ、1990年3月19日にひてんから分離され、月周回軌道に投入されました。搭載機器の不調でテレメータでの確認ができなかったのですが、東京天文台の協力によりロケット点火の光学観測に成功し、月周回軌道に入ったと推定されました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
対面寸法0.4mの26面体の形状をしています。重量は約11kgです。月周回軌道投入のため、減速用固体ロケットモーターを備えています。

2.どんな目的に使用されたの?
将来の月探査の試験として開発され、ひてんの月接近に先だってひてんから分離され、月周回軌道に投入されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
1990年3月19日、ひてんの月再接近時にはごろもは、月周回軌道に投入されました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
はごろもを積んだひてんは数回の軌道修正をおこない、地球を5周半する間に月との会合条件を整え、1990年3月19日午前5時04分09秒に月から約1万6,500kmの距離に接近しました。はごろもはこの接近前にひてんより分離され、午前5時04分03秒に固体ロケットモーターを点火、月周回軌道に投入されました。

※参考文献/齋藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会