JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ヘルクレス座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:ヘルクレス座
学名:Hercules
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M13(NGC6205)/ラス・アルゲディ(アルファ星)
神話の主な登場人物:ゼウス/アトラス/ヘルクレス
日本で観測できる時期:4月~12月の約9ヵ月間
見ごろの季節:秋(20時正中は8月上旬)

ギリシャ神話随一の英雄、ヘルクレスをかたどる星座で、台形を2つ重ねて胴に見立てさらに三角形を乗せて頭とし、それに手足を付けたような形をしています。3、4等星が多いため、見つけにくい星座ですが、意外にも全天で5番目の大きさがあります。望遠鏡で見るときには、ヘルクレスの左の腰あたりにある球状星団M13に注目しましょう。北半球で最も明るく華やかな球状星団であるため、望遠鏡観測の入門には最適です。

1.見つけ方のポイント
3等星と4等星が主体ですので見つけにくいかもしれませんが、うしかい座かんむり座と、こと座に挟まれた真ん中あたりに、ヘルクレス座が見つかります。4〜7月の夜中には天頂付近に人形をした姿を見ることができます。アルファ星のラス・アルゲティは頭のてっぺんにある3等星で、北半球で最も明るい球状星団M13は、ヘルクレスの腰のあたりにあります。

2.神話の内容について
ギリシャ神話によれば、ヘルクレスは大神ゼウスを父にもつギリシャ1の英雄で、ネメアの森の人食いライオン(しし座)を3日3晩かかって絞め殺した他、アミモーネの沼に住む9つの頭を持つ大蛇(うみへび座)を倒すなど、12の冒険を成し遂げ、死後星座の列に加えられました。ヘルクレスによって倒された怪物には、他にもアミモーネの大蛇を助けようとしてヘルクレスに踏み潰された化け蟹(かに座)や、兄アトラスの代わりに黄金のりんごの番をしていたときに襲ってきた100の目を持つ竜(りゅう座)などがあり、その数多くが星座となって夜空を飾っています。

3.同じ時期に見える星座について
ヘルクレス座の頭の部分に接するように位置する、大きな5角形の星座へびつかい座です。西隣には、かんむり座が見えます。1つの2等星と6つの4等星がきれいな半円形を作り、明るい星はないものの見つけやすい星座のひとつです。かんむり座のさらに東にはうしかい座があります。
また東隣には、1等星ベガをもつこと座りゅう座などを見つけることができます。

※参考文献:誠文堂新光社「星座クラブ」(著者・沼澤茂美)、日本放送出版協会「NHK銀河宇宙オデッセイ・大星夜ウオッチング」(監修・古在由秀、NHK取材班編)、ナツメ社「星空ガイド」(著者・沼澤茂美、脇屋奈々代)、教育社「NEWTONコレクションNASA宇宙開発のパイオニアスペースシャトル/歴史と未来」(監修・竹内均)