JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひのとり

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:第7号科学衛星「ひのとり」/ASTRO-A(Astronomy Satellite-A)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1981年2月21日
運用停止年月日:1991年7月11日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3S
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1981017A

ひのとりは、1980年から1981年をピークとする、太陽活動極大期における太陽フレア(太陽で起こる爆発現象)の精密な観測を目的とした衛星です。太陽フレアをX線画像でとらえますが、急速に変化する太陽フレアのX線の様子を速い時間分解能でとらえることができます。太陽の高エネルギー現象の、精密な測定に役立っています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

「ひのとり」外観図
「ひのとり」外観図

八角柱の形をした本体に、四方に太陽電池パドルが伸びています。本体の大きさは、対面距離92.8cm、高さ81.5cm、重量は188kgです。
「ひのとり」には、次のような8種類の観測機器がのせられています。
(1)太陽フレアX線像観測期(SXT)
(2)太陽軟X線輝線スペクトル観測機(SOX)
(3)太陽軟X線観測機(HXM)
(4)太陽フレアモニター(FLM)
(5)太陽ガンマ線観測器(SGR)
(6)粒子線モニター(PXM)
(7)プラズマ電子密度測定器(IMP)
(8)プラズマ電子温度測定器(TEL)

2.どんな目的に使用されるの?
ひのとりは、太陽硬X線フレアの2次元像、太陽粒子線、X線バーストなどの観測に使用されています。また、国際的な太陽活動極大期観測プロジェクトに、観測データを提供する重要な役割を担いました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
定常観測体制に入った初日に、早くも大きな太陽フレアをとらえ、その後の1ヵ月間に大小41例のフレアをとらえました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
てんまぎんがあすかASTRO-Eがあります。

5.どのように地球を回るの?
高度644kmから576km、傾斜角31度の円軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍