JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひてん

シェア

関連情報

分類:惑星探査

名称:第13号科学衛星ひてん(MUSES-A)
小分類:月探査
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1990年1月24日
運用停止年月日:1993年
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1990007A

ひてんは、本格的な宇宙工学実験を目的にした最初の科学衛星です。MUSESは「MロケットによるSpace Engineering Spacecraft」の略で、宇宙科学研究所の宇宙工学実験衛星シリーズをあらわしています。ひてんは、この工学実験衛星シリーズの1番機です。
将来の惑星探査ミッションに必要な技術の習得と確立のために、のスイング・バイ技術、それにともなう軌道の精密標定・制御の高精度化などの工学実験をおこないました。この衛星は米国、ソ連に次いで3番目、さらに日本としては最初に月に向かった衛星です。また1990年3月、ひてんより孫衛星はごろもが分離され、月周回軌道に投入されました。ひてんそのものも、2年後に月周回軌道に投入されました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

ひてん外観図直径1.40m、高さ0.79mの円筒型で、上面に対面寸法0.4mの26面体の形をした、月周回孫衛星が搭載されて打ち上げられました。重量は約11kgの月周回孫衛星を含めて、約197kgです。光学航法装置、新型の計算帰微小宇宙塵を検出するダストカウンターなどをのせています。

2.どんな目的に使用されたの?
将来の惑星探査計画に必要となる、軌道の精密標定・制御・高効率データ伝送技術や、月の重力を利用した、宇宙飛翔体の軌道変換、いわゆるスイング・バイ実験を主な目的としています。また、ミュンヘン工科大学の共同研究として、ダストカウンターによる地球・月空間の宇宙塵の計測もおこなわれています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
1991年3月までに、8回の月重力を利用したスイング・バイ実験に成功し、最大135万kmの遠地点高度を記録しました。また「ひてん」より分離された孫衛星は、1990年3月19日の月再接近時に月周回軌道に投入され、はごろもと命名されました。1993年にミッション終了、ひてんはのフレネリウス・クレーターに落下して使命を終えました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
1990年1月24日20時46分、鹿児島宇宙空間観測所から発射。第1段、第2段の飛行が推力方向制御装置によって制御され、地上からの電波指令によって第3段の姿勢と点火時刻を修正。発射後281秒、高度219kmでスピン安定の第3段モーター、ついで373秒後にキックモーターに点火。477秒後に衛星を分離。その後、姿勢制御装置の作動により、発射後34分に衛星の回転を毎分約25回に落としました。続いて、衛星のスピン軸を太陽方向と垂直にし、衛星を長楕円軌道に投入する作業を終了しました。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
しんせいでんぱたいようきょっこうじきけんはくちょうひのとりてんまおおぞらすいせいぎんがあけぼのようこうあすかがあります。
※参考文献/齋藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会