JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

うみへび座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:うみへび座(海蛇座)
学名:Hydra
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:コル・ヒュドラエ(アルファ星)/うみへび座R(赤色長周期変光星)
神話の主な登場人物:ヘラクレス/ヘラ/エウリュステウス/イオラオス/アルクメネ
日本で観測できる時期:ほぼ一年中
見ごろの季節:春(東京では4月下旬の午後8時頃南中)

全天星座の中でも最も長い星座で、東西の全長が100度にわたります。5角形をした頭部などを除き、大部分は天の南半球に位置しています。うみへび座の起源は古く、古代バビロニアの星図にすでに蛇の形で描かれていました。

1.見つけ方のポイント
かに座からてんびん座の南まで長々と伸びる星座です。かに座の南に、3等星が5つ集まった頭部が見えます。

2.神話の内容について
怪力無双の勇者ヘラクレスは、叔父のエウリュステウスから、レルネの沼に棲む巨大な海蛇退治を命ぜられます。海蛇は9つの頭を持ち、1つを切り落とせば2つの頭が新たに増える恐ろしい生き物でした。しかし、ヘラクレスは甥のイオラネスに命じて、首の切り口を松明で焼かせ、見事に海蛇を退治したのです。

3.同じ時期に見える星座について
こぐま座/やまねこ座/りゅう座/りょうけん座/ケフェウス座/カシオペア座/うしかい座