JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

宇宙科学研究所

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関

相模原にある宇宙科学研究所本部
相模原にある宇宙科学研究所本部

名称:宇宙科学研究所/Institute of Space and Astronautical Science(ISAS
国名:日本
所在地:神奈川県相模原市
設立年月日:1981年4月(2003年10月1日、宇宙航空研究開発機構JAXA)に改組)

東大宇宙研などを統合した旧文部省直轄機関として、1981年に設立

1955年にペンシルロケットを水平発射した東京大学生産技術研究所と、1970年に日本初の人工衛星おおすみ」を打ち上げた東京大学宇宙航空研究所を発展的に解消して、旧文部省直轄(ちょっかつ)の機関として、宇宙科学研究所(ISAS)は1981年に設立されました。本部は神奈川県相模原市(現 JAXA相模原キャンパス)、射場は鹿児島県内之浦町(現 内之浦宇宙空間観測所)にありました。飛翔体を用いた宇宙の観測・研究を行い、そのためのロケット人工衛星を開発していました。2003年10月に宇宙科学研究所は、宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所と統合し、宇宙航空研究開発機構JAXA)が誕生しました。

科学衛星などの研究成果は、世界的にも高い評価

おおすみ」打ち上げ成功後、宇宙科学研究所は大型の固体ロケットM(ミュー)-4S、M-3CM-3HM-3SM-3SIIM-V(ミュー・ファイブ)などを開発しました。また、地球磁気圏、オーロラブラックホール太陽銀河中心核などを研究するために各種科学衛星ハレー彗星探査機などを開発し、打ち上げを行ってきました。同研究所の研究成果は世界的に高い評価を得ています。

M-Vロケット
M-Vロケット
日本初の人工衛星「おおすみ」
日本初の人工衛星「おおすみ」

X線天文衛星「あすか」や太陽観測衛星「ようこう」の探査で成果

宇宙科学研究所の成果としては、X線天文衛星「あすか」による超新星ブラックホール、活動銀河核やダークマターの観測、太陽観測衛星「ようこう」による太陽のX線像、磁気圏尾部観測衛星「ジオテール」やオーロラ観測衛星「あけぼの」などによるオーロラをはじめとする地球磁気圏の研究などがあげられます。また、1994年7月4日には、M-Vロケットによって、日本初の火星探査機「のぞみ」の打ち上げが行われました。「のぞみ」は火星近くまで到達しましたが、火星周回軌道への投入は断念されました。

火星探査機「のぞみ」
火星探査機「のぞみ」