JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

IUE

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:IUE(International Ultraviolet Explorer)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)/欧州宇宙機関(ESA)/イギリス科学研究評議会(Bsrc)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)/欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げ年月日:1978年1月26日
運用停止年月日:1996年9月30日
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:ソー・デルタ
打ち上げ場所:アメリカ東部宇宙ミサイルセンター
国際標識番号:1978012a

天文探査衛星は、大気圏外域から、さまざまな天体を探査する衛星です。地上からでは観測が困難な波長や条件でも、種々の観測を行なうことができます。IUEは、ESA(欧州宇宙機関)の協力のもと、国際共同利用を可能にした、紫外線による天文探査衛星です。それまでの観測衛星に比べると、より暗い天体まで、高精度なスペクトル観測ができるようになったのです。iueは、長時間の連続した天体観測が可能な軌道を周回していました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
全長4.17m、全幅1.45m、機体制御の方式は3軸制御方式で、本体の両側に太陽電池パネルが装着されています。設計寿命は3年でした。口径45cmの望遠鏡を備え、観測可能な波長は1,150〜3,100オングストローム、姿勢制御の精度は1秒角でした。

2.どんな目的に使用されるの?
紫外線による天文探査が目的です。その対象は微小な天体、クエーサー(恒星状の天体)、彗星、星間物質など、多岐にわたっていました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
より暗い天体まで、高精度なスペクトル観測をすることができました。地上の天文台から、IUEを利用して、さまざまな事象を継続的に観察しました。IUEは、1996年9月、その運用を終了しています。

4.どのように地球を回るの?
近地点高度30,252km、遠地点高度41,315 km、公転周期1435.9分、軌道傾斜角34.5度の軌道です。