JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

J-I

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:J-I
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:宇宙開発事業団宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
運用開始年:1996年

J-Iロケットは、小型衛星打ち上げの需要に応えるために計画された3段式固体ロケットです。
短期間、低コストでの開発をおこなうため、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))が開発したH-IIロケットの固体ロケットブースタ(SRB)と、宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))が開発したM-3SIIロケットの上段部を組み合わせて使用しました。全段固体ロケットのため、液体ロケットに比べて射場での整備作業期間を大幅に短縮することができました。
誘導方式はM-3SII型で開発されたシステムで、レーダ計測によるロケットの位置と速度データから地上の誘導計算機が修正量を計算し、誘導コマンドを送信する電波誘導方式です。
低軌道に約1tの打ち上げ能力を持っています。
J-Iロケット2号機は、2001年度冬期の打ち上げに向け開発を進めていましたが、宇宙開発委員会の宇宙開発計画見直しに伴い開発凍結となりました。打ち上げ時期が決定しだい、開発を再開します。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

3段式。
全長33.110m〔第1段20.992m、第2段6.3m、第3段2.7m、衛星フェアリング6.86m〕。
外径1.81m。
全備重量87.2t(人工衛星の重さは含みません)。
推力は第1段70.9t、第2段12.7t、第3段3.59t。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
第1段ロケットを点火して、リフトオフします。第1段ロケットは燃焼終了ののち、分離します。次に第2段ロケットが点火し、燃焼終了後にフェアリングを分離して、第2・第3段スピンアップ後、第2段ロケットが分離します。その後第3段ロケットが点火して、燃焼終了ののち、衛星を分離して低高度衛星軌道に投入します。

3.どんなものを打ち上げたの?
極超音速飛行実験機(HYFLEX)を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
1996年2月21日に1回目の打ち上げがおこなわれ、成功しています。