JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジェームズ・A・ラベル

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:ジェームズ・A・ラベル(James A Lovell Jr.)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1928年3月25日(オハイオ州クリーヴランド)
所属宇宙機関:アメリカ空軍(USAF)
飛行実績:ジェミニ計画(ジェミニ7号/ジェミニ12号/タイタンII)、アポロ計画(アポロ8号/アポロ13号/サターンV)

ジェームズ・A・ラベルは、1965年12月15日に打ち上げられたジェミニ7号に搭乗し、その11日後に打ち上げられた、ジェミニ6号とのランデブーに成功しました。そして、ジェミニ計画としては最後の打ち上げとなったジェミニ12号にも搭乗し、ドッキング、日食観測、宇宙遊泳をおこないました。
その後はアポロ計画にも参加し、アポロ8号では史上初の有人月周回飛行に成功しました。しかし、その次に搭乗したアポロ13号では、宇宙船の故障により月に着陸することができませんでした。
アメリカ海兵学校、ハーバード大学商学部大学院卒業。現在、イリノイ州レイクフォレストにあるラベル・コミュニケーションズという会社の会長を務めています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
ジェミニ7号(1965年12月)ではフランク・ボーマンが同乗。ジェミニ12号(1966年11月)では、エドウィン・オルドリンが同乗しました。
アポロ8号(1968年12月)ではフランク・ボーマン、ウィリアム・アンダース、アポロ13号(1970年4月)では、フレッド・ヘイズ、ジョン・スワイガードが同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
ラベルが搭乗したジェミニ7号は、たびたびの故障により、発射が延期になっていたジェミニ6号を先行する形で、1965年12月4日に打ち上げられました。ラベルたちは後から追いつく予定のジェミニ6号を待つ間に、多数の医学実験をおこないました。この実験のなかには、のちのアポロ計画のためのものもありました。そして、ジェミニ6号とのランデブー訓練を成功させ、12月18日に帰還しました。
その次のフライトとなったジェミニ12号(1966年11月11日打ち上げ)では、同乗のオルドリンが宇宙船外作業をおこなったほか、ドッキング、日食観測を成功させました。オルドリンの作業装備はそれまでの経験に基づき改良し、宇宙飛行士に与える疲労を少なくしたものでした。この飛行では合計3回、5時間30分の船外活動をおこなったのち、11月15日に帰還。ジェミニ計画は幕を閉じました。
2年後に搭乗したアポロ8号(1968年12月21日打ち上げ)では、12月24日に史上初の有人月周回飛行をおこない、月に112.6Kmまで近づきました。クリスマス・イヴのこの日、アポロ8号の飛行士達は月を10周すると、「創世記」の一部を交代で読み、地上にメッセージとして送っています。そして、147時間宇宙を航行し、12月27日に回収船から4.6Kmのところに着水しました。
ラベル最後のフライトとなったアポロ13号(1970年4月11日打ち上げ)では、月面(フラマウロ・クレーター付近)への着陸を予定していましたが、発射から55時間54分後、電源用の酸素タンクが爆発を起こしたので、月着陸計画を中止し帰還することになってしまいました。彼らは月着陸船アクエリアスを救命船として利用し、4月17日に無事帰還することができました。

ジェミニ12号での宇宙飛行を終えたラベルとオルドリン
ジェミニ12号での宇宙飛行を終えたラベルとオルドリン

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
ジェミニ7号では330時間35分、ジェミニ12号では94時間35分の飛行をおこない、アポロ8号は147時間1分、アポロ13号では142時間55分でした。

※参考文献:的川泰宣「飛びだせ宇宙へ」岩波ジュニア新書、「日本と世界の宇宙ロケットと衛星カタログ」成美堂出版、宇宙開発事業団・編「新版宇宙飛行士になるための本」同文書陰ケネス・W・ガトランドほか/佐貫亦男・日本語版監修「世界の宇宙開発」旺文社