JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

日本の科学衛星打ち上げ実績

シェア

関連情報

No衛星名
(名称)
打ち上げ
日時
ロケット状況内容軌道要素
1人工衛星
おおすみ
1970.2.11
13時25分
L-4S-5消滅(2003.8.2)日本初の人工衛星人工衛星打ち上げ技術の習得と衛星についての工学的試験【重量】24kg
【種類】楕円
【高度】350km
【傾斜角】31度
【周期】145分
2試験衛星
たんせい
(MS-T1)
1971.2.16
13時00分
M-4S-2運用停止
(1971.2.23)
軌道投入後の衛星環境及び機能試験【重量】63kg
【種類】楕円
【高度】990~1,100km
【傾斜角】30度
【周期】106分
3科学衛星
しんせい
(MS-F2)
1971.9.28
13時00分
M-4S-3運用停止
(1973.6)
電離層、宇宙線、短波帯太陽雑音等の観測【重量】66kg
【種類】楕円
【高度】870~1,870km
【傾斜角】32度
【周期】113分
4電波観測衛星
でんぱ
(REXS)
1972.8.19
11時40分
M-4S-4消滅
(1980.5.19)
プラズマ波、プラズマ密度、電子粒子線、電磁波、地磁気等の観測【重量】75kg
【種類】楕円
【高度】250~6,570km
【傾斜角】31度
【周期】161分
5試験衛星
たんせい2
(MS-T2)
1974.2.16
14時00分
M-3C-1消滅
(1983.1.23)
ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験【重量】56kg
【種類】楕円
【高度】290~3,240km
【傾斜角】31度
【周期】122分
6超高層大気観測衛星
たいよう
(SRATS)
1975.2.24
14時25分
M-3C-2消滅
(1980.6.29)
超高層大気物理学研究のため、太陽軟X線、太陽真空紫外放射線、紫外地球コロナ輝線などを観測【重量】86kg
【種類】楕円
【高度】260~3,140km
【傾斜角】32度
【周期】120分
7試験衛星
たんせい3
(MS-T3)
1977.2.19
14時15分
M-3H-1運用停止(1977.3.8)ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験【重量】129kg
【種類】楕円
【高度】790~3,810km
【傾斜角】66度
【周期】134分
8オーロラ観測衛星
きょっこう
(EXOS-A)
1978.2.4
16時00分
M-3H-2運用停止
(1992.8.2)
プラズマの密度・温度・組成、電子エネルギーの分布、地球コロナ分布等の観測、オーロラの紫外線撮像【重量】126kg
【種類】準極(楕円)
【高度】630~3,970km
【傾斜角】65度
【周期】134分
9磁気圏観測衛星磁気圏観測衛星
じきけん
(EXOS-B)
1978.9.16
14時00分
M-3H-3運用停止
(1985)
電子密度、粒子線、プラズマ波等の観測【重量】90kg
【種類】楕円
【高度】220~30,100km
【傾斜角】31度
【周期】524分
10X線天文衛星
はくちょう
(CORSA-b)
1979.2.21
14時00分
M-3C-4消滅
(1985.4.16)
X線星、X線バースト、超軟X線星雲等の観測【重量】96kg
【種類】略円
【高度】545~577km
【傾斜角】30度
【周期】96分
11試験衛星
たんせい4
(MS-T4)
1980.2.17
9時40分
M-3S-1消滅
(1983.5.13)
ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験【重量】185kg
【種類】略円
【高度】521.7~605.6km
【傾斜角】38.7度
【周期】96分
12太陽観測衛星
ひのとり
(ASTRO-A)
1981.2.21
9時30分
M-3S-2消滅
(1991.7.11)
太陽硬X線フレアの二次元像、太陽粒子線、X線バースト等の観測【重量】188kg
【種類】略円
【高度】576~644km
【傾斜角】31度
【周期】97分
13X線天文衛星
てんま
(ASTRO-B)
1983.2.20
14時10分
M-3S-3消滅
(1989.1.19)
X線星、X線銀河ガンマ線バースト、軟X線星雲の観測【重量】216kg
【種類】円
【高度】497~503km
【傾斜角】32度
【周期】94分
14中層大気観測衛星
おおぞら
(EXOS-C)
1984.2.14
17時00分
M-3S-4消滅
(1988.12.26)
地球周辺科学観測【重量】207kg
【種類】楕円
【高度】354~865km
【傾斜角】75度
【周期】97分
15ハレー彗星探査試験機
さきがけ
(MS-T5)
1985.1.8
4時26分
M-3SII-1運用停止
(1999.1.8)
日本で初めて地球重力圏から脱出して太陽を周回した人工衛星ロケットの特性の測定と衛星についての工学的試験【重量】138kg
【種類】太陽周回
【高度】―
【傾斜角】―
【周期】約319日
16ハレー彗星探査機
すいせい
(PLANET-A)
1985.8.19
8時33分
M-3SII-2運用停止
(1991.2.22)
惑星間プラズマの研究及びハレー彗星の紫外領域における観測【重量】140kg
【種類】太陽周回
【高度】-
【傾斜角】-
【周期】約282日
17X線天文衛星
ぎんが
(ASTRO-C)
1987.2.5
15時30分
M-3SII-3消滅
(1991.11.1)
銀河中心核X線源観測及びX線天体の精密度観測【重量】420kg
【種類】略円
【高度】530~595km
【傾斜角】31度
【周期】96分
18磁気圏観測衛星
あけぼの
(EXOS-D)
1989.2.22
8時30分
M-3SII-4運用中オーロラ粒子の加速機構及びオーロラ発光現象の観測【重量】295kg
【種類】長楕円
【高度】275~10,500km
【傾斜角】75度
【周期】211分
19工学実験衛星
ひてん
(MUSES-A)
1990.1.24
20時46分
M-3SII-5月面に衝突
(1993.4.11)
将来の惑星探査計画に必要となる軌道の精密標定・制御・高効率データ伝送技術等の実験的研究【重量】197kg
【種類】楕円
【高度】262~28,600km
【傾斜角】31度
【周期】6.7日
20太陽観測衛星
ようこう
(SOLAR-A)
1991.8.30
11時00分
M-3SII-6消滅
(2005.9.12)
太陽運用極大期における太陽フレアの高精密度観測【重量】390kg
【種類】楕円
【高度】550~600km
【傾斜角】31度
【周期】98分
21磁気圏尾部観測衛星
GEOTAIL
1992.7.24
23時26分
Delta II運用中地球の夜側に存在する長大な磁気圏尾部の構造とダイナミックスに関する観測研究【重量】1,009kg
【種類】楕円
【高度】57,000~20万km
【傾斜角】29度
【周期】-
22X線天文衛星
あすか
(ASTRO-D)
1993.2.20
11時00分
M-3SII-7消滅
(2001.3.2)
宇宙空間の星・銀河のX線観測、銀河団等宇宙最深部X線調査【重量】420kg
【種類】略円
【高度】525~615km
【傾斜角】31度
【周期】96分
23回収型衛星
EXPRESS
1995.1.15
22時45分
M-3SII-8回収
(1995.1.16)
宇宙環境利用実験、軌道再突入、回収技術の習得【重量】770kg
【種類】楕円
【高度】-
【傾斜角】-
【周期】-
24宇宙実験・観測フリーフライヤ
SFU
1995.3.18
17時01分
H-II-3スペースシャトルにて回収
(1996.1.13)
11種類の天文観測、理工学実験【重量】4,000kg
【種類】位相同期
【高度】300~500km
【傾斜角】28.5度
【周期】約90分
25電波天文観測衛星
はるか
(MUSES-B)
1997.2.12
13時50分
M-V-1運用停止
(2005.11.30)
大型精密展開構造機構等の研究、VLBIに必要な位相同期等の試験【重量】830kg
【種類】長楕円
【高度】560~21,000km
【傾斜角】31度
【周期】約6時間20分
26火星探査
のぞみ
(PLANET-B)
1998.7.4
3時12分
M-V-3運用停止
(2003.12.9)
火星上層大気の構造・運動、特に太陽風と相互作用の研究【重量】540kg
【種類】火星周回
【高度】-
【傾斜角】-
【周期】-
27小惑星探査
はやぶさ
(MUSES-C)
2003.5.9
13時29分
M-V-5地球帰還
(2010.6.13)
惑星標本を地球へ回収(サンプルリターン)するのに必要な、電気推進、自律航法、サンプラ、再突入カプセルなど工学新技術の実験的研究【重量】510kg
【種類】太陽周回
【高度】-
【傾斜角】-
【周期】-
28X線天文衛星
すざく
(ASTRO-EII)
2005.7.10
12時30分
M-V-6運用中宇宙で大規模に存在する高温ガスのX線精密観測、宇宙の高エネルギー現象の探索【重量】1,700kg
【種類】円
【高度】550km
【傾斜角】31度
【周期】96分
29小型高機能科学衛星
れいめい
(INDEX)
2005.8.24
6時10分
ドニエプル運用中先進的小型衛星技術の実証、オーロラ現象の高時間、空間分解観測【重量】60kg
【種類】略円
【高度】610~654km
【傾斜角】97.8度
【周期】97分
30赤外線天文衛星
あかり
(ASTRO-F)
2006.2.22
6時28分
M-V-8運用中日本初の本格的赤外線天文衛星。銀河の形成・進化、星・惑星の形成と星間物質、褐色矮星ダークマターなどの謎を探る【重量】952kg
【種類】円(太陽同期)
【高度】700km
【傾斜角】98.2度
【周期】100分
31太陽観測衛星
ひので
(SOLAR-B)
2006.9.23
6時36分
M-V-7運用中太陽表面磁場・速度場の連続測定と高分解能のX線コロナ観測【重量】900kg
【種類】円(太陽同期)
【高度】680km
【傾斜角】98度
【周期】98分
32月周回衛星
かぐや
(SELENE)
2007.9.14
10時31分
H-IIA-13月面へ制御落下
(2009.6.11)
月の起源と進化について科学的データの取得と、将来の月探査のための技術開発【重量】3,000kg
【種類】円(月周回)
【高度】100km
【傾斜角】90度
【周期】-
33金星探査
あかつき
(PLANET-C)
2010.5.21
6時58分
H-IIA-17金星周回軌道投入予定
(2010.12.7)
金星大気の運動を3次元的に把握し、スーパーローテーションのしくみの解明など金星気象の全体像を描く【重量】480kg
【種類】金星周回
【高度】300~80,000km
【傾斜角】172度
【周期】30時間
34電波天文衛星
(ASTRO-G)
2012年度
予定
H-IIA将来計画史上最高の解像度で銀河や星形成領域の中心部を描き出し、その物理状態を解明する【重量】1,200kg
【種類】長楕円
【高度】1,000~25,000km
【傾斜角】31度
【周期】7時間30分
35小型科学衛星
(SPRINT-A)
2012年度
予定
次期固体ロケット将来計画EUV(極端紫外線)分光器によるイオトーラスの観測、惑星外圏大気と太陽風の相互作用の観測を行う【重量】約320kg
【種類】楕円
【高度】950~1,150km
【傾斜角】31度
【周期】106分
36X線天文衛星
(ASTRO-H)
2013年度
予定
H-IIA将来計画高エネルギーの現象に満ちた極限宇宙の探査や高温プラズマに満たされた銀河団の観測を行い、宇宙の構造やその進化を探る【重量】2,400kg
【種類】円
【高度】550km
【傾斜角】31度
【周期】96分
37水星磁気圏探査機
MMO
(BepiColombo)
2014年度
予定
アリアン5将来計画ESAと共同で、水星に2つの周回衛星を送り水星の形成・進化過程の謎にせまる(JAXA水星磁場の成因と磁気圏の調査を担当)【重量】250kg
【種類】水星周回
【高度】400~12,000km
【傾斜角】90度
【周期】9.3時間
38月探査
(LUNAR-A)
--プロジェクト中止月内部の構造及び熱的構造を解明する観測研究【重量】540kg
【種類】月周回
【高度】-
【傾斜角】-
【周期】-