JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

宇宙航空研究開発機構

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関

名称:宇宙航空研究開発機構/Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA)
国名:日本国
本部所在地:東京
設立年月日:2003年10月1日

1970年2月11日、東京大学宇宙航空研究所がL-4Sロケットにより人工衛星おおすみ」の打ち上げに成功。日本は、旧ソ連、アメリカ、フランスに次いで世界で4番目に人工衛星の自力打ち上げに成功しました。1981年には東京大学宇宙航空研究所を母体として宇宙科学研究所(ISAS)が発足。1955年発足の航空宇宙技術研究所(NAL)、1969年発足の宇宙開発事業団(NASDA)とともに、長年にわたり日本の宇宙航空開発を支えてきました。

2003年10月1日、日本の航空宇宙3機関であるISAS、NAL、NASDAが統合され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発足しました。これにより、各機関がこれまでに蓄積してきた技術、知識、経験が集約されて、1つの組織の中で一貫して研究開発を行える体制が築かれました。国際的に見ても欧米に並ぶ機関が誕生し、日本の宇宙航空開発の歴史に新しいページを開くことになりました。

JAXAは日本の航空宇宙開発政策を担う研究開発機関であり、総務省・文部科学省所管の独立行政法人で、同法人格の組織では最大規模です。

衛星打ち上げ用の主力ロケットとして、H-IIAH-IIBを持ち、衛星打ち上げの国際市場に参入しようとしています。

科学観測および月・惑星探査の分野でも高い技術力を持ち、過去の主要な計画には、X線天文衛星「てんま」(ASTRO-B)、ハレー彗星探査機「すいせい」(PLANET-A)、X線天文衛星「ぎんが」(ASTRO-C)、X天文衛星「あすか」(ASTRO-D)、火星探査機「のぞみ」(PLANET-B)、月周回衛星「かぐや」(SELENE)があります。現在運用中衛星としては、太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)、赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)、X線天文衛星「すざく」(ASTRO-EII)、世界で初めての小惑星サンプルリターンミッションである小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)があります。また、開発中の計画として、2010年打ち上げ予定の金星探査機「あかつき」(PLANET-C)の他、電波天文衛星「ASTRO-G」、X線天文衛星「ASTRO-H」、水星探査計画「ベピ・コロンボ」(ESAと共同)などがあります。

通信放送遠征の分野では超高速インターネット衛星「きずな」地球観測衛星の分野では、陸域観測技術衛星「だいち」を初めとする各種の衛星を打ち上げています。2010年には初の航行測位衛星「みちびき」を打ち上げる予定です。

有人宇宙飛行の分野ではアメリカが主導する国際宇宙ステーション(ISS)計画に参加しており、ISS「きぼう」日本実験棟を持ち、長期滞在する日本人宇宙飛行士を送り込んでいます。また、2009年にISSへの物資補給船「HTV」をH-IIBロケットで打ち上げることに成功し、今後毎年1機ずつ打ち上げることになっています。

2009年度のJAXAの宇宙開発予算は1925億円で、アメリカのNASAが約1兆6000億円(加えて、同規模以上の軍事宇宙予算があるとされています)、欧州宇宙機関(ESA)が約4600億円とNASAの約10分の1程度、ESAの半分程度です。また、個別プログラムとして打ち上げロケット開発費を見たとき、ESAの主力大型ロケットであるアリアン5の開発費用は約1兆500億円と推定されますが、H-IIおよびH-IIAの開発費は3分の1の約3900億円程度とされており、打ち上げ機会(頻度)を含め小規模で競争力に乏しいといえます。

ロケット打ち上げ民営化や衛星商業化など、機構を取り巻く状況の変化に加え、宇宙基本法(2008年8月施行)では「独立行政法人宇宙航空研究開発機構その他の宇宙開発に関する機関について、その目的、機能、組織形態の在り方等について検討を加え、必要な見直しを行うものとする」とされています。

1.どのような組織になっているの?
JAXAは日本の航空宇宙開発政策を担う研究開発機関であり、総務省・文部科学省所管の独立行政法人で、同法人格の組織では最大規模です。

2.地図上ではどの辺にあるの?
東京都調布市に本社があります。

3.これまでに行った宇宙計画とこれから予定している計画にはどんなものがあるの?
科学観測および月・惑星探査の分野で高い技術力を持ち、過去の主要な計画には、X線天文衛星「てんま」(ASTRO-B)、ハレー彗星探査機「すいせい」(PLANET-A)、X線天文衛星「ぎんが」(ASTRO-C)、X天文衛星「あすか」(ASTRO-D)、火星探査機「のぞみ」(PLANET-B)、月周回衛星「かぐや」(SELENE)があります。現在運用中の計画としては、太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)、赤外線天文衛星「あかり」(ASTRO-F)、X線天文衛星「すざく」(ASTRO-EII)、世界で初めての小惑星サンプルリターンミッションである小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)があります。また、開発中の計画として、電波天文衛星「ASTRO-G」、X線天文衛星「ASTRO-H」、金星探査機「あかつき」(PLANET-C)、水星探査計画「ベピ・コロンボ」(ESAと共同)、があります。
その他、通信放送衛星、地球観測衛星、技術試験衛星などを打ち上げています。

小惑星イトカワに接近しサンプルを収集する小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)の想像図
小惑星イトカワに接近しサンプルを収集する小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)の想像図

4.これまでに開発したロケットで代表的なものは?
H-IIAH-IIBは、現用の衛星打ち上げ用主力ロケットです。

ISSへの補給機「HTV」を打ち上げるH-IIBロケット
ISSへの補給機「HTV」を打ち上げるH-IIBロケット

過去には、L(ラムダ)・シリーズ、M(ミュー)・シリーズ、N-IN-IIH-IH-II、J-1などがあります。
1970年、東京大学宇宙航空研究所がL(ラムダ)-4Sロケットにより人工衛星おおすみ」の打ち上げに成功。日本は、旧ソ連、アメリカ、フランスに次いで世界で4番目に人工衛星の自力打ち上げに成功しました。
ミュー・シリーズは、世界でも珍しい、全段固体ロケットによる衛星打ち上げロケットです。特に、M-Vは、固体ロケットとしては世界最大最高のものでした。現在、運用は終了しています。

5.ロケットはどこで打ち上げるの?
種子島宇宙センターおよび内之浦宇宙空間観測所です。

6.これまでに開発した宇宙ステーションで代表的なものは?
アメリカが主導する国際宇宙ステーション(ISS)計画に参加しており、ISS「きぼう」日本実験棟を持ち、日本人宇宙飛行士を送り込んでいます。また、ISSへの補給機「HTV」をH-IIBロケットで打ち上げています。

ISSの「きぼう」日本実験棟
ISSの「きぼう」日本実験棟

7.予算はどれくらいなの?
2009年度で約1,925億円です。