JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ふよう1号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:地球資源衛星「ふよう1号」/JERS-1(Japanese Earth Resources Satellite-1)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1992年2月11日
運用停止年月日:1998年10月12日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-I
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1992007A

地球資源衛星「ふよう1号」(JERS-1)は、地球の全陸域を観測し、資源探査を主目的に国土調査、農林漁業、環境保全、防災、沿岸監視などの観測を行いました。 高性能の合成開口レーダ(SAR=Synthetic Aperture Radar)と光学センサ(OPS=Optical Sensors)で全地球のデータを観測し、ミッションデータレコーダに収集しました。 観測は、マイクロ波という波長の短い電波を地上に向けて発射し、戻ってきた反射波を合成開口レーダのアンテナで受信します。これによって、地表面の起伏や傾斜などを観測します。電波で観測するため、天候や昼夜を問わず観測できるのが特徴で、地球環境の監視や資源探査に利用されました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
JERS-1は高さ約3.1m、幅約1.8m、奥行き約0.9mで、重さは約1.3t。両側に長さ約8mの羽根のような太陽電池パドルと長さ約12m合成開口レーダ用アンテナを持っています。合成開口レーダ(SAR)と光学センサ(OPS)が装備されていますが、SARはマイクロ波を照射し地上からの反射波をとらえるため、昼夜天候に左右されず、地表面の特性や起伏、傾斜などが観測できる能動型センサです。また、SARは合成開口とパルス圧縮技術により、通常のレーダに比べて格段に高い分解能を得ることができます。OPSは可視域から短波長赤外線までを7つのバンドに分け、可視域では15.3度の前方視による立体観測が可能で、短波長赤外線では岩石や、鉱物の識別に威力を発揮します。

2.どんな目的に使用されるの?
資源探査を主目的に国土調査、農林漁業、環境保全、防災、沿岸監視などの観測を行いました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
打ち上げ後、1992年5月31日までに初期段階のチェックアウトを終了し、1992年6月1日から定常運用に移りました。海外を含む画像データ受信局に、観測データを供給し続け、1994年2月10日に当初予定された観測を終えましたが、予定されたミッション期間(打ち上げ後2年間)を大きく上回り、約6年半にわたってデータを取得、1998年10月12日にその運用を終了しました。運用終了後は、空気抵抗と重力のため徐々に高度を落とし、2001年12月3日22時28分に南極沖の南大西洋上空で大気圏に再突入しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
同型機ではありませんが、地球観測プラットフォーム技術衛星「みどり」(ADEOS)、陸域観測技術衛星「ALOS」があります。

5.どのように地球を回るの?
高度約568km、公転周期約96分(地球を約96分で1周します)、軌道傾斜約98度の太陽同期準回帰軌道です。太陽同期準回帰軌道とは、いつもほぼ同じ時刻に同一地点の上空を通過するため、地表の観測に向いている軌道です。地球の自転によって経路がすこしずつずれていきますが、44日後には再び同じ時刻に同じ位置に戻ります(回帰周期)。