JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

酒泉宇宙センター

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関
名称:酒泉宇宙センター(Jiuquan Satellite Launch Center)
小分類:打ち上げ射場
国名:中国
所在地:甘粛省酒泉
設立年月日:1956年

酒泉(チウチュワン)宇宙センターは、当初東風(ドンフ)センターと呼ばれる中国人民解放軍の弾道ミサイル実験場として建設された、中国では最も歴史のある打ち上げ射場です。人民解放軍の第二砲兵(戦略ミサイル)部隊が運用する弾道ミサイルが東風(DF)シリーズと呼ばれるのは、この試験場の名称に由来しています。1956年6月に施設の建設が始まり、1960年9月1日にソ連製のR-2短距離弾道ミサイルを初試射、1962年3月には初の国産ミサイル、DF-2(東風2号)も試射されています。中国初の衛星打ち上げは1969年11月1日に長征1(CZ-1)によるものでしたが、失敗に終わりました。2ヵ月後の1970年1月10日、開発研究衛星の打ち上げを行ない、同年4月24日、東方紅(DFH)通信衛星「毛1号」が中国初の人工衛星となりました。以後、酒泉宇宙センターでは30数回の打ち上げを行なっていますが、比較的高緯度にあるため静止軌道への打ち上げは四川省の西昌(シーチャン)宇宙センターで実施されており、酒泉では2段式の長征1型(CZ-1)、長征2型(CZ-2)シリーズによる低軌道への衛星投入が行なわれています。

1.どのような組織になっているの?
酒泉、西昌、そして山西省の太源(タイユワン)の3ヵ所ある宇宙センターと西安衛星追跡センター(XSCC)は国務院中央軍事委員会の国防科学技術工業委員会中国衛星打ち上げ管制局の管轄下にあります。このため4つの施設には第20基地(酒泉)、第25基地(太源)、第26基地(西安)、第27基地(西昌)という、軍の基地番号が与えられています。

2.地図上ではどの辺にあるの?
センターの名前となった甘粛省の都市酒泉からはかなり離れた、ゴビ砂漠南端部、シュワンチェンーツという村の近くにあります。このため当初はシュワンチェンーツ東風センターとも呼ばれていました。

3.これまでに打ち上げたロケット人工衛星は?
ロケットは、長征1型(CZ-1)、長征1D型(CZ-1D)、長征2C型(CZ-2C)、長征2D型(CZ-2D)、長征2F(CZ-2F)、FB-1があります。
人工衛星は、東方紅(DFH)通信衛星、実践(SJ)科学観測衛星、FSW多目的衛星、神舟無人宇宙船などがあります。