JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジュピターC

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:ジュピターC(ジュノーI)
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ陸軍
開発機関・会社:アメリカ陸軍弾道ミサイル局(ABMA)
運用機関・会社:アメリカ陸軍
打ち上げ場所: ケ−プカナベラル空軍基地
運用開始年: 1958年
運用終了年: 1958年

ジュピターC(ジュノーI)は、アメリカで最初の人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げたロケットです。もともとはレッドストーン・ミサイルの弾頭を開発するための試験ロケットでした。フォン・ブラウン博士は早くからこれで人工衛星を打ち上げることを提案していましが、国防省から衛星打ち上げを止められていました。しかしソ連が1957年10月4日にスプートニクを打ち上げると、国防省はあわててフォン・ブラウンに衛星打ち上げを命じました。ジュピターCに第4段を追加したロケットは、ジュノーIと改名されて、1958年1月31日にアメリカ最初の人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げるのに成功しました。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
ジュピターC(ジュノーI)はレッドストーンの改良型で、それと同じく円筒形の胴体に4枚の尾翼を持っています。しかし1基のロケット・エンジンは、燃料に非対照ジメチルヒドラジンとジエチレン・トリアミンを組み合わせたものを、酸化剤には液体酸素を使って、37.6tの推力を発生させています。第2段は固体推進剤で推力680kgのベイビー・サージャント・ロケットを11本円環状に並べたもので、その中央に第3段のベイビー・サージャント・ロケットが3本入っています。ジュノーIでその上に追加された第4段は、推力816kgのベイビー・サージャント・ロケット1本で、先端に衛星を取り付けています。ジュノーIは、全長21.7m、離床重量29tになります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
第2段から上の弾体は、離床の直前に回転を与えられ、第1段から分離した際にも安定した姿勢を保つようになっています。第1段が157秒燃焼してから分離した第2/3/4段は、高度247kmに達したところで水平向きになり、地上からの指令で執に点火されます。エクスプローラー1号は高度360kmX2549kmの楕円軌道に乗りました。

3.どんなものを打ち上げたの?
エクスプローラー1、同3、同4号を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
1957年12月から1959年9月までの計11回の衛星打ち上げの試みのうちで、3回(ヴァンガード1号、同2号、同3号)だけ衛星を軌道に乗せるのに成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
レッドストーンがあります。