JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

クライド・トンボー

シェア

関連情報

冥王星を発見したアメリカの天文学者

冥王星の発見者であるトンボー(1906~1997)は、アメリカ・イリノイ州生まれの天文学者です。家が貧しくて大学に行けませんでしたが、天文学に深く魅了され、父の農場に放置してあった古い機械の部品で22.5cmの望遠鏡をつくって天体観測をしました。その後、1929年にローウェル天文台に助手の仕事をみつけ、スライフゼの指導のもとにローウェルの惑星Xといわれた、海王星の外側の惑星の探求を続けました。

地味な作業の繰り返しで、1930年に新惑星を発見

新しい惑星は、望遠鏡で発見するには暗すぎ、何千もの暗い星をチェックしなければなりません。また、距離が地球から遠いので視覚的な動きはごくわずかでした。そこでトンボーは、異なった日に同じ空を撮った2枚の写真を比較することを考案。それぞれの写真には5万個から50万個の星が写ることが予想されましたが、トンボーは、予測される星やすでに知られている惑星の動き以外で、光が動いた点がないかどうかを探したのです。どんな動きでも、1点に焦点を合わせて2枚の感光板をスクリーンの上に素早くかわるがわるに映せば発見できるはずですし、星を背景として動いている惑星は、スクリーンの上でいったり来たりして見えるはずです。作業はたいへん骨の折れるものでしたが、1930年、トンボーはついにふたご座の中に動いている光を発見します。こうして3月13日に新しい惑星の発見が発表され、地獄の暗闇の神の名がつけられた新惑星が冥王星なのです。

国際学会での再定義

それから70年以上、冥王星は惑星として人々に親しまれてきましたが、2006年の天文に関する国際会議で「惑星」の考え方が再定義され、冥王星は惑星ではなく「準惑星」と分類されるようになりました。

関連:冥王星