JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

かぐや

シェア

関連情報

分類:惑星探査

名称:月周回衛星「かぐや」/SELENE(SELenological and ENgineering Explorer)
小分類:月探査
開発機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ年月日:2007年9月14日
運用終了年月日:2009年6月11日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げロケットH-IIA
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号: 2007-039A

月探査機 「かぐや」の主な目的は、がどうやってできたのかを解明すること、将来のの利用のためのさまざまなデータを集めることです。「かぐや」は高度約 100kmの極周回軌道または極軌道を回る主衛星と、より高い楕円軌道を周回する2機の子衛星「おきな(リレー衛星)」・「おうな(VRAD(ブイラド) 衛星)から構成されています。主衛星はマイクロバスぐらいの大きさで、質量は約3トン。太陽電池パドルを広げるとたたみ13畳分ぐらいの大きさになります。2機の子衛星の質量はそれぞれ約50kgです。

「かぐや」には14種類の観測機器が搭載され、全体の元素や鉱物の分布、地形や表層付近の地下構造、磁場やプラズマなどの環境を調べています。また、高精細度映像取得システムが、くわしい月面の様子や、「かぐや」の周回にともなって月に隠れていた地球が見えてくる「地球の出」を、ハイビジョンの動画で撮影しています。

観測で得られたデータは解析が進められ、科学的な成果を上げています。の南極には氷が存在するのではと考えられていましたが、シャックルトン・クレーター内に露出した氷(水の氷)がほとんど存在しなかったことや、の裏側のモスクワの海が、従来の推定結果よりも5億年以上前に形成されていたことが明ら かになりました。また、「かぐや」が取得したデータによって、これまでよりも詳細なの地形図が作成されています。