JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

エドウィン・E・オルドリンJr.

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:エドウィン・E・オルドリンJr.(Edwin E. Aldrin Jr.)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1930年1月20日(ニュージャージー州モンクレー)
所属宇宙機関:アメリカ空軍(USAF)、アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:ジェミニ計画(ジェミニ9号/ジェミニ12号/タイタンII)、アポロ計画(アポロ8号/アポロ11号/サターンV)

エドウィン・E・オルドリンはアメリカ陸軍士官学校を卒業し理学士を、また、マサチューセッツ工科大学では、宇宙航法学の博士号を取得しました。
彼は1963年に宇宙飛行士の第3グループに選ばれ、ジェミニ9号の予備パイロットをへて、1966年11月、ジェミニ12号で宇宙へ飛び立ちました。ジェミニ12号ジェミニ計画では最後のフライトでした。オルドリンは、この宇宙飛行で3度の船外活動をおこなっています。
その後は、アポロ8号の予備パイロットをへて、アポロ11号で2度目のフライトをおこなっています。1969年7月に打ち上げられたアポロ11号は、人類史上初の月面歩行を成し遂げた記念すべき宇宙飛行でした。
そして、1971年7月にNASAを退職。カリフォルニア州にあるエドワード空軍基地の航空宇宙研究パイロット学校の校長に就任しました。1972年には空軍からも引退し、カリフォルニア州ニューポートビーチの総合管理会社の顧問を務めました。
現在は、南カリフォルニアに住み、スタークラフトエンタープライゼスという会社で、宇宙科学についての講義と調査を担当しています。
また、オルドリンには「地球への帰還」「地球からの人」という著作もあります。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
ジェミニ12号(1966年11月)ではジェームズ・ラベルが同乗、アポロ11号(1969年7月)にはニール・アームストロングマイケル・コリンズが同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
ジェミニ12号は、1966年11月11日に打ち上げられました。この航行でオルドリンは、あらかじめ地球軌道上に打ち上げられていた標的衛星アジェナと、ジェミニをドッキング(結合)させることに成功しました。また、オルドリンはこの飛行で3度の船外活動をおこなっています。その時に使用した宇宙空間での作業服や道具は、これまでの経験にもとづいて改良を重ねたものだったので、以前の宇宙飛行士のように疲労することはありませんでした。彼らはこのほか日食観測などをおこない、15日に帰還しました。
1969年7月16日に打ち上げられたアポロ11号では、人類初の月着陸という偉業を成し遂げています。月着陸点は赤道付近にある「静かの海」で、7月20日、月着陸船イーグルでオルドリンアームストロングはこの地点に着陸しました。アームストロングは月面に降り立ち、地球に向け「これはひとりの人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である」という言葉を送りました。
オルドリンらはその記念に星条旗を立て、さまざまな機材を設置し、22Kgの月面の石を採集しました。彼らは2時間32分の月面活動をおこなったのち、24日に無事帰還しました。

アポロ11号で月に着陸後、月面で船外活動をおこなうオルドリン
アポロ11号で月に着陸後、月面で船外活動をおこなうオルドリン

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
ジェミニ12号では94時間35分(そのうちオルドリンの宇宙船外活動は合計5時間30分)、アポロ11号では195時間19分(そのうち月面活動は2時間32分)でした。

※参考文献:的川泰宣「飛びだせ宇宙へ」岩波ジュニア新書、「日本と世界の宇宙ロケットと衛星カタログ」成美堂出版、宇宙開発事業団・編「新版宇宙飛行士になるための本」同文書陰ケネス・W・ガトランドほか/佐貫亦男・日本語版監修「世界の宇宙開発」旺文社