JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ケネス・D・ボワソックス

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前::ケネス・D・ボワソックス(Kenneth D.Bowersox)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1956年8月7日(コロラド州デル・ノルテ)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-50/コロンビア号)(STS-61/エンデバー号)(STS-73/コロンビア号)(STS-82/ディスカバリー号)

ボワソックスは4回の宇宙飛行を経験し、宇宙天文台「ハッブル宇宙望遠鏡(HST)」の修理時にシャトルを操縦していた宇宙飛行士です。
彼は1978年にアメリカ海軍アカデミーの宇宙航空工学科を卒業し、1979年にコロンビア大学で機械工学の修士を取得しました。大学卒業後はアメリカ海軍でパイロットとして任務につき、空母エンタープライズに乗船、A-7E飛行機のパイロットとして、難しい空母への着艦を300回以上もこなしています。1985年にはアメリカ空軍のテストパイロットを卒業、海軍兵器センターでA-7Eなどの飛行機のテストパイロットを務めました。
NASAには1987年6月に宇宙飛行士候補として選ばれ、1988年8月に正式の宇宙飛行士になっています。地上勤務では、ヒューストンの地上局でシャトルとの交信担当(CAPCOM)をつとめた他、シャトルの航行ソフトのテストをしたり、宇宙飛行士事務所の安全部門の主任を担当したりとさまざまな任務についています。
彼は1999年10月現在、2000年初頭からスタートする国際宇宙ステーションの予備乗組員として訓練を行っています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-50(コロンビア号、1992年6月25日打ち上げ)では、リチャード・N・リチャーズ、ボニー・J・ダンバー、カール・J・ミード、エレン・S・ベーカー、ローレンス・J・デルカス、ユージン・H・トリンと同乗しました。
STS-61(エンデバー号、1993年12月2日打ち上げ)では、リチャード・O・コベイ、F・ストーリー・マスグレーブ、ジェフリー・A・ホフマン、キャスリン・C・ソーントン、トム・エーカーズ、クラウド・ニコリエールと同乗しました。
STS-73(コロンビア号、1995年10月20日打ち上げ)では、ケント・V・ロミンガーキャスリン・C・ソーントン、キャサリーン・G・コールマン、マイケル・E・ロペス-アレグリア、フレッド・W・レスリー、アルバート・サッコ Jr.と同乗しました。
STS-82(ディスカバリー号、1997年2月11日打ち上げ)では、スコット・ホロビッツ、ジョー・タナー、スティーブ・ハウレー、グレッグ・ハルボウ、マーク・C・リー、スティーブ・スミスと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-50(コロンビア号)では、シャトルにアメリカの微小重力実験室が初めて搭載されました。この実験室は、実験機器を搭載した部屋のモジュールを、シャトルに乗せて打ち上げるもので、重力の少ない状態で各種の実験が行われます。今回は素材の合成実験や液体物理学の実験が行われました。ボワソックスはパイロットとしてシャトルを操縦しました。
STS-61(エンデバー号)では、1990年4月に打ち上げられた宇宙の天文台「ハッブル宇宙望遠鏡(HST)」の第1回目の修理が行われました。HSTは直径2.4mの望遠鏡を搭載した人工衛星ですが、主鏡のずれのため、設計性能の50%の能力しか出せませんでした。この飛行では5回の船外活動(EVA)により、設計性能の90%まで能力をアップすることに成功しています。ボワソックスはパイロットとしてシャトルを操縦しました。
STS-73(コロンビア号)は、アメリカの微小重力実験室が搭載された2回目の飛行でした。このときは、バイオテクノロジーや金属などの素材の合成、液体物理学や燃焼科学の実験が行われました。ボワソックスは船長(コマンダー)として乗組員の指揮にあたりました。
STS-82(ディスカバリー号)では、ハッブル宇宙望遠鏡(HST)の2回目の修理が行われました。このときはシャトルの貨物室にHSTを回収し、5回の船外活動(EVA)で、新しいスペクトル分析器を取り付けたり、機器を交換したりしています。ボワソックスは船長(コマンダー)として乗組員の指揮にあたりました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-50(コロンビア号、1992年6月25日打ち上げ)では13日と19時間26分、STS-61(エンデバー号、1993年12月2日打ち上げ)では10日と19時間55分、STS-73(コロンビア号、1995年10月20日打ち上げ)では15日と21時間52分、STS-82(ディスカバリー号、1997年2月11日打ち上げ)では9日と23時間37分、宇宙に滞在しています。