JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ケネス・D・コックレル

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前::ケネス・D・コックレル(Kenneth D.Cockrell)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1950年4月9日(テキサス州オースチン)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-56/ディスカバリー号)(STS-69/エンデバー号)(STS-80/コロンビア号)

コックレルは3回の宇宙飛行を経験しているベテランで、1999年10月現在、NASA宇宙飛行士事務所長をつとめています。
コックレルは1972年にテキサス大学の機械工学科を卒業し、アメリカ海軍で任務につくかたわら、1974年に西フロリダ大学で航空システム学の修士を取得しました。海軍ではパイロットとして訓練を積んだ後、1979年に海軍テストパイロット学校を卒業、さまざまな飛行機の飛行テストを行いました。1987年にはジョンソン宇宙センター(JSC)の航空機操縦部門に着任、NASAのパイロット教官として飛行術を教えたり、T-38飛行機の飛行チェックを行ったりしています。
宇宙飛行士として選ばれたのは1990年1月で、1991年7月に訓練を完了、地上勤務では、宇宙飛行の操縦技術開発部門の部門長を担当しました。コックレルは2000年に飛行予定のSTS-98の船長で、国際宇宙ステーションの組立てを完了させ、初のステーション乗組員を宇宙に運ぶことになっています。
素顔の彼は2人の子どものパパで、スキーや水上スキー、テニスを趣味にしています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-56(ディスカバリー号、1993年4月8日打ち上げ)では、ケネス・D・キャメロン、スティファン・S・オズワルド、マイケル・フォール、エレン・オコアと同乗しました。
STS-69(エンデバー号、1995年9月7日打ち上げ)では、デビッド・M・ウォーカー、ジェームズ・S・ヴォス、マイケル・L・ゲーンハート、ジェームズ・H・ニューマンと同乗しました。
STS-80(コロンビア号、1996年11月19日打ち上げ)では、ケント・V・ロミンガー、タミー・ジャーニガン、トム・ジョーンズ、ストーリー・マスグレーブと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-56(ディスカバリー号)では、大気実験室ATLAS-2が宇宙に運ばれ、地球の気候や環境に太陽が及ぼす影響を調べるための実験が行われました。一連の実験では、太陽観測衛星スパルタン201の放出と再回収をはじめ、太陽紫外線後方撹乱調査(SSBUV)などが行われています。またアマチュア無線の実験なども行われました。コックレルはミッション・スペシャリストとして多数の実験を行っています。
STS-69(エンデバー号)では、太陽観測衛星スパルタンと、WSF(Wake Shield Facility)の放出と再回収が行われました。WSFは、宇宙の無重力空間で、半導体や高温超伝導体を作ったり、真空状態で作れる素材を研究するための実験装置です。この飛行では、コックレルはパイロットとしてシャトルの操縦を担当しました。
STS-80(コロンビア号)では、WSFと極紫外線スペクトル分析衛星ORFEUSの宇宙空間への放出と再回収が行われました。今回のWSFは、半導体やハイテク電子部品を作り込むための薄いシリコンフィルムを製造するための実験を行いました。またORFEUSは極紫外線を分析することにより、星の組成と構造を調べるのが目的です。コックレルは船長(コマンダー)として乗員の指揮にあたりました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-56(ディスカバリー号、1993年4月8日打ち上げ)では9日と6時間9分、STS-69(エンデバー号、1995年9月7日打ち上げ)では10日と20時間28分、STS-80(コロンビア号、1996年11月19日打ち上げ)では17日と15時間53分、宇宙に滞在しています。