JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

キャサリン・G・(キャディ)コールマン

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:キャサリン・G・(キャディ)コールマン(Catherine G. "Cady" Coleman)
性別:女
国名:アメリカ
生年月日:1960年12月14日(サウスカロライナ州チャールストン)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-73/コロンビア号)(STS-93/コロンビア号)

コールマンはヴゼジニア州のフェアファックスにあるW.T.ウッドソン高校を卒業したあとマサチューセッツ工科大学で化学を学びました。1991年には同大学の博士号を取っています。1983年、アメリカ空軍の少尉に任命された彼女は、ライトパターソン空軍基地に勤務して化学の研究を続けました。NASA宇宙飛行士に選ばれたのは1992年です。ジョンソン宇宙センターに移って訓練をはじめ、1995年打ち上げのSTS−73で初飛行をおこないました。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-73(コロンビア号、1995年10月20日打ち上げ)では、ケネス・D・ボワソックスケント・V・ロミンガー、キャサリン・C・ソーントン、マイケル・E・ロペス・アレグリオ、フレッド・W・レスリー、アルバート・サコーと同乗しました。
STS-93(コロンビア号、1999年7月22日打ち上げ)では、アイリーン・M・コリンズ、ジェフリー・S・アスビー、スティーブン・A・ホーリー、ミッチェル・トグニニーと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-73(コロンビア号)は貨物室に積んだ微小重力実験室USML−2を使い、地球から通信されてくる化学者たちの指示や助言にしたがいながら、科学技術の進歩や国際宇宙ステーション建設のためのさまざまな実験をおこないました。コールマンはミッションンスペシャリスト(MS:搭乗運用技術者)として参加しました。
STS-93(コロンビア号)は貨物室に積んだ科学実験用の設備Chandra/IUS-27を使い、「宇宙にいるときの筋肉組織の減少」や「アマチュア無線機の実験」や「微小重力環境下での植物の成長の研究」や「微弱電力の技術システム」など、さまざまな科学実験をおこないました。コールマンはMSとして参加しました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-73(コロンビア号、1995年10月20日打ち上げ)では15日と21時間53分、STS−93(コロンビア号、1999年7月22日打ち上げ)では4日と22時間50分、宇宙に滞在しました。