JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ロバート・L・クリッペン

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:ロバート・L・クリッペン(Robert L. Crippen)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1937年9月11日(テキサス州ベイモント)
所属宇宙機関:アメリカ海軍(USN)/米国航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-1/コロンビア号)(STS-7/チャレンジャー号)(STS-41-C/チャレンジャー号)(STS-41-G/チャレンジャー号)

ロバート・L・クリッペンは1960年にテキサス大学を卒業、理学士を取得した後、海軍航空士教育を受け、将校に就任しました。その後、エドワード航空基地の宇宙飛行士訓練校で学び、同校の指導官を務めました。1966年10月に米国空軍の有人軌道実験プログラム(MOL)の宇宙飛行士に選ばれ、1969年9月にNASA宇宙飛行士となりました。
そして、1973年のスカイラブ計画2・3・4号、1975年7月の初の米ソ共同計画、アポロ-ソユーズ試験計画に参加しました。
彼が初めて宇宙へ飛び立ったのは1981年4月で、それはスペースシャトル(STS-1コロンビア号)の初飛行でもありました。同乗した宇宙飛行士ジョン・W・ヤングです。
クリッペンの3度目のフライトとなった1984年4月のSTS-41-C号では、初めて衛星の軌道上修理もおこなわれました。
現在、彼はケネディ宇宙センターのNSTS代理指揮官をへて、中央指揮官を務めています。
彼は宇宙飛行士として、1981年の国防省殊勳勲章、航空栄誉殿堂、1982年の連邦飛行行政殊勲勲章など、数多くの賞を得ています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-1(1981年4月)ではジョン・W・ヤングが同乗、STS-7(1983年6月)ではフレデリック・ホーク、ジョン・ファビアン、サリー・ライド、ノーマン・サガードの5名が搭乗。サリー・ライドは、アメリカ初の女性宇宙飛行士でもありました。STS-41-Cにはディック・F・スコビー、テリー・ハート、ピンキー・G・ネルソン、オックス・ヴァン・ホフテンの5名が搭乗しました。STS-41-Gでは、ジョン・マクブライド、キャシー・サリバン、サリー・ライド、デビット・リーツマ、マーク・ガルネ、ポール・スカリパワーの6名が搭乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
クリッペンが搭乗したスペースシャトルSTS-1は、機体を再利用するために飛行機のように着陸することができ、また初めて液体と固体の推進薬を使った宇宙船でした。彼らはこのスペースシャトルの打ち上げから軌道周回、着陸までの性能を確かめるために宇宙へ飛び立ち、地球の軌道を36周しました。そして、4月14日にカリフォルニアのエドワード空軍基地に無事に着陸しました。スペースシャトルの初飛行となったこの宇宙飛行は大成功を収め、その後のスペースシャトルの時代をきりひらくことになりました。
1983年6月18日に打ち上げられたSTS-7でクリッペンは司令官を務めました。この飛行ではカナダとインドネシアの通信衛星を宇宙に運んでいます。
彼が再び司令官を務めたSTS-41-Cは、1984年4月6日から13日までの飛行でした。この飛行では彼らは軌道上にある人工衛星の修理に初めて成功しています。衛星を回収し、シャトル内で修理をおこなった後、遠隔操縦機(ロボットアームハンド)で軌道に戻しました。また長期曝露装置(LDEF)を放出したほか、2度の船外活動や実験をおこなっています。
彼の最後のフライトは司令官として搭乗したSTS-41-G号でした。1984年10月5日に打ち上げられたこの飛行で彼らは、地球放射線観測衛星を配置したほか、船外活動により衛星に燃料を補給できる可能性があることを実証しました。

1983年6月、宇宙飛行中のスペースシャトルSTS-7内のクリッペン。遠隔操縦システムを操作しているところです。
1983年6月、宇宙飛行中のスペースシャトルSTS-7内のクリッペン。遠隔操縦システムを操作しているところです。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-1は2日と6時間21分、STS-7は6日と2時間24分、STS-41-Cでは6日と23時間40分、STS-41-Gでは8日と5時間23分でした。