JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

フランク・L・カルバートソン

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:フランク・L・カルバートソン(Frank L. Culbertson)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1958年8月16日(サウスカロライナ州チャールストン)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画 (STS-38/アトランティス号)(STS-51/ディスカバリー号)(STS-105/ディスカバリー号)、国際宇宙ステーション計画(第3次滞在クルー)

カルバートソンは、高校卒業後、海軍兵学校で航空宇宙工学を専攻し、1971年に卒業しています。米国艦フォックス乗員、海軍でのF-4戦闘機ファントム操縦士、ルーク空軍基地での教官任務等をへて、1984年に宇宙飛行士候補となるまでは、F-4戦闘機すべての試験プログラムのマネージャーやテストパイロットを務めました。1985年に宇宙飛行士となり、多くのシャトルミッションで打ち上げ支援メンバーやCAPCOM(地上の通信担当者)を務めたほか、シャトル・ミール計画におけるマネージャーなども務めております。これまでに3回の宇宙飛行経験を持っています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-38ではR.コーベイ、C.ジェマー、C.メアド、R.スプリンガーと、STS-51ではW.リディー、J.ニューマン、D.バーシュ、C.ウォルツと、STS-105ではS.ホロウィッツ、F.スターコウ、P.フォレスター、D.バリー、V.ジェジューロフ、M.チューリンと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことを行い、どのようなことに成功しているの?
STS-38では第7回軍事ミッションが行われ、STS-51では次世代通信技術衛星(ACTS/TOS)とシャトルのパレット衛星(ORFEUS/SPAS)放出および、SPASのロボットアームでの回収に成功しました。また、ハッブル宇宙望遠鏡修理準備の船外活動(EVA)も行われました。STS-105では第3次国際宇宙ステーション(ISS)滞在クルーの一員としてISSコマンダーを務めています。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
3回の飛行と第3次ISS滞在クルーとして、合計142日の宇宙滞在を行いました。