JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

C・ミッチェル・フォーレ

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:C・ミッチェル(マイク)・フォーレ(C. Michael Foale)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1957年1月6日(イギリス、ロース)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-45/アトランティス号)(STS-56/ディスカバリー号)(STS-63/ディスカバリー号)(STS-84/アトランティス号)(STS-103/ディスカバリー号)

フォーレはアメリカ国籍ですが、もともとはイギリスの出身です。カンタベリーの高校を卒業後、ケンブリッジ大学で物理学を学び、博士号を取りました。スキューバ・ダイビングを趣味にしているフォーレは、大学院の学生だったころ、海底に沈んでいるギリシャの古代遺物を調査する探検隊にボランティアで参加したこともあります。その経験から、視界の悪い環境のなかで物を探索したり作業する技術が身について、宇宙飛行にも役立っているようです。大学院を出たフォーレはアメリカの航空機メーカーに就職し、スペースシャトルの航行システムのプログラムを作る仕事をおこなっていました。それからNASAジョンソン宇宙センターで、スペースシャトルの貨物を管理する仕事につきました。宇宙飛行士に選ばれたのは1987年、フォーレが31歳のときでした。厳しい訓練のあと、初めての宇宙飛行は1992年打ち上げのSTS−45(アトランティス号)。以来、5回の飛行を経験しています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-45(アトランティス号、1992年3月24日打ち上げ)では、チャールズ・F・ボールデン、ブライアン・デュフィー、キャスリン・D・サリバン、デービッド・C・リーストマ、バイロン・K・リッシェンンバーグ、ディアク・D・フリマウトと同乗しました。
STS-56(ディスカバリー号、1993年4月8日打ち上げ)では、ケネス・D・キャメロン、ステファン・S・オズワルド、ケネス・D・クックレル、エレン・オーチャと同乗しました。
STS−63(ディスカバリー号、1995年2月3日打ち上げ)では、ジェームス・ウェザビー、アイリーン・コリンズ、B・ハリス、ジェームス・ボス、V・チトフと同乗しました。
STS−84(アトランティス号、1997年5月15日打ち上げ)では、チャールス・J・プレコート、アイリーン・M・コリンズ、カルロス・I・ノリエガ、エドワード・T・ルー、ジーン・フランチョイス・クラーボイ、エレナ・V・コンダコバと同乗しました。ロシア宇宙ステーション「ミール」からの帰還時にSTS−86(アトランティス号、1997年9月25日打ち上げ)で、ジェームス・D・ウェザビー、マイケル・J・ブローンフィールド、ブラディマー・G・ティトフ、スコット・E・パラジンスキー、ジーン・ループ・J・M・クレティエン、ウエンディ・B・ローレンスと同乗しました。
STS−103(ディスカバリー号、1999年12月19日打ち上げ)では、カーティス・L・ブラウン、スコット・J・ケリー、スチーブン・L・スミス、ジョン・M・グランスフィールド、クラウディ・ニコリエル、ジョン・フランコイス・クラーボイと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS−45(アトランティス号)は宇宙実験室「ATLAS−1」をシャトルの荷物室に乗せて飛行し、その実験室のさまざまな機材を使って、地球の大気を研究しました。フォーレはミッション・スペシャリスト(MS:搭乗運用技術者)として参加しています。
STS−56(ディスカバリー号)は宇宙実験室「ATLAS−2」を使って地球の大気を研究し、太陽エネルギーと中間大気圏との関係、それがオゾン層におよぼす影響についてのデータを集めました。フォーレはMSとして参加しました。
STS−63(ディスカバリー号)には、スペースシャトルで初めての女性パイロット、アイリーン・コリンズが乗っていました。彼女はウェザビー船長と協力してディスカバリー号を操縦し、宇宙ステーション「ミール」とのドッキング計画の予行演習のための、「ミール」とのランデブーをおこなっています。またSTS−63のディスカバリー号には「商業用宇宙実験室」のスペースハブ−3が乗せられていて、民間企業の商品を開発するための科学実験もおこなわれました。フォーレはMSとして参加しました。
STS−84(アトランティス号)は、STS−71(アトランティス号、1995年6月27日打ち上げ)からはじまって6回目となる、ロシアの宇宙ステーション「ミール」とのドッキングをおこないました。そのさい、STS−81(アトランティス号、1997年1月12日打ち上げ)で「ミール」に乗り移って132日のあいだ宇宙に滞在していたアメリカ人宇宙飛行士のジェリー・M・リネンガーと交替し、フォーレが「ミール」に乗り移りました。フォーレはSTS−86(アトランティス号、1997年9月25日打ち上げ)で帰還するまで約4ヵ月のあいだ宇宙に滞在しました。
STS−103(ディスカバリー号)はハッブル宇宙望遠鏡の整備と部品交換をおこないました。フォーレはMSとして参加しました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS−45(アトランティス号、1992年3月24日打ち上げ)では8日と22時間9分、STS−56(ディスカバリー号、1993年4月8日打ち上げ)では9日と6時間8分、STS−63(ディスカバリー号、1995年2月3日打ち上げ)では8日と6時間28分、STS−84(アトランティス号、1997年5月15日打ち上げ)ではロシア宇宙ステーション「ミール」に乗り移って約4ヵ月間、STS−103(ディスカバリー号、1999年12月19日打ち上げ)では7日と23時間10分、宇宙に滞在しています。