JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジョン・H・グレン

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:ジョン・H・グレン(John H., Glenn)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1921年7月18日(オハイオ州ケンブリッジ)
所属宇宙機関:アメリカ海兵隊
飛行実績:マーキュリー計画(マーキュリー6号フレンドシップ7/アトラスD)、スペースシャトル計画(STS-95/ディスカバリー号)

ジョン・H・グレンは、1962年2月20日にアメリカで初めて、地球の軌道を回った宇宙飛行士です。彼の乗ったフレンドシップ7号・マーキュリー宇宙船は、改造型アトラス大陸間弾道ミサイルで、ケープカナベラルから打ち上げられ、地球を3回、まわりました。しかし、その飛行はトラブルの連続でした。そのひとつが、宇宙船の自動操縦装置の故障です。そのため、最後の2周は手動で操縦しなければなりませんでした。さらに、宇宙カプセルの熱しゃへい装置(大気圏に再突入する宇宙船の過熱を防ぐ被覆)の故障です。このため、普通は切り離されるはずの逆推進ロケットは、大気圏の再突入の際につけられたままでした。
このようなトラブルをおこしながらも、グレンの乗った宇宙カプセルは無事、地球に戻ることができました。
アメリカの人々は、このようにして帰還したグレンを英雄として称賛しました。そして、その偉業によって、グレンは議会で演説したり、他国でも彼を迎えるさまざまな祝賀パレードが催されました。
マスキンガム大学工学部科学学士を修めた後、海兵隊のパイロットとして第2次世界大戦と朝鮮戦争に参戦した経歴を持っています。最近ではオハイオ州の上院議員を務めていましたが、1998年1月、グレンは再び宇宙へ向かう機会を得ました。1998年10月29日に打ち上げられたスペースシャトルディスカバリー号(STS-95)では、日本の向井宇宙飛行士らとともに史上最高齢(77歳)でペイロード・スペシャリストとして乗り込み、老化に関する研究などをおこないました。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
グレンはフレンドシップ7号、アトラスD(マーキュリー6号/1962年2月10日打ち上げ)に乗った際は単独飛行でした。1998年10月29日に打ち上げられたスペースシャトルディスカバリー号(STS-95)では、日本の向井千秋宇宙飛行士を含む6名のクルー(C.ブラウン、S.リンゼイ、S.ロビンソン、S.パラジンスキー、P.デュケ、向井千秋)と36年ぶりの宇宙飛行をともにしました。

フレンドシップ7号で飛行中のジョン・H・グレン。日没時の太陽を光度計で観測しているところです。
フレンドシップ7号で飛行中のジョン・H・グレン。日没時の太陽を光度計で観測しているところです。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
マーキュリー宇宙船に乗ったグレンの任務は、宇宙での人間の状態を調査することでした。マーキュリー計画ではそれまでに無人の宇宙船、サル2匹とチンパンジー1匹を乗せて宇宙飛行実験をおこなっており、人間による宇宙飛行の準備を進めていました。グレンの宇宙飛行はトラブルの発生の連続で、大気圏への再突入の際や、手動で操縦をするという苦労はあったものの、彼の任務は成功したといえるでしょう。彼の36年ぶり、2度目の宇宙飛行となったスペースシャトルミッション(STS-95)では、老化現象に関する基礎的な研究に貢献しました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
マーキュリー6号の飛行時間は、4時間56分でした。スペースシャトルディスカバリー号では、8日21時間44分でした。