JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

シャノン・W・ルシッド

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:シャノン・W・ルシッド(Shannon W. Lucid)
性別:女
国名:アメリカ
生年月日:1943年1月14日(中国上海)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績: スペースシャトル計画(STS-51-G/ディスカバリー号)(STS-34/アトランティス号)(STS-43/アトランティス号)(STS-58/コロンビア号)(STS-76/アトランティス号)

ルシッドが生まれたのは中国の上海ですが、故郷はアメリカのオクラホマです。オクラホマの高校を出たあと、オクラホマの大学に進学して化学を学び、生化学の博士号を取りました。その後もオクラホマの大学に残って研究をつづけていましたが、1979年にNASAに選ばれて宇宙飛行士の訓練をはじめ、ミッションスペシャリスト(MS:搭乗運用技術者)になっています。初めての宇宙飛行はSTS−51−G(ディスカバリー号、1985年6月17日)、42歳のときでした。以後も宇宙飛行士としての経験を重ね、STS−76(アトランティス号)ではロシアの宇宙ステーション「ミール」に乗り移り、6ヵ月ちかくも宇宙に滞在しました。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-51-G(ディスカバリー号、1985年6月17日打ち上げ)では、ダニエル・ブランデンシュタイン、ジョン・クライトン、スティーブン・ナゲル、ジョン・ファビアン、パトリック・ボードリー、サルタン・アル・サウドと同乗しました。
STS-34(アトランティス号、1989年10月18日打ち上げ)では、ドナルド・ウィリアムズ、マイケル・マッカリー、フランクリン・チャン・ディアズ、エレン・バーカーと同乗しました。
STS-43(アトランティス号、1991年8月2日打ち上げ)では、ジョン・E・ブラハ、マイケル・ベイカー、ジェームス・アダムソン、デビッド・ロウと同乗しました。
STS-58(コロンビア号、1993年10月18日打ち上げ)では、ジョン・E・ブラハ、リチャード・A・サーフォス、M・レア・セドン、ウィリアム・S・マッカーサー・ジュニア、デービッド・A・ウルフ、マーティン・フェトマンと同乗しました。
STS-76(アトランティス号、1996年3月22日打ち上げ)では、ケビン・P・チルトン、リチャード・A・サーフォス、リンダ・M・ゴドウィン、ミッシェル・R・クリフォード、ロナルド・M・セガと同乗し、ロシア宇宙ステーション「ミール」に滞在したあとの帰還時にSTS-79(アトランテイス号、1996年9月16日打ち上げ)でウィリアム・F・リーディ、テレンス・W・ウィルカット、トーマス・D・アーカース、ジェイ・アプト、カール・E・ワルツと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-51-G(ディスカバリー号)は、アラブの通信衛星アラブサットA、メキシコの通信衛星モロレスA、アメリカの通信衛星テルスター3D号を軌道上に運びました。また、実験衛星スパルタン1号を放出してX線による天体観測をおこなったあと回収しました。ルシッドはミッションスペシャリスト(MS:搭乗運用技術者)として参加しました。
STS-34(アトランティス号)は木星探査機ガリレオを木星にむけて送りだし、また、南極上空のオゾン層の観測をおこないました。ルシッドはMSとして参加しました。
STS-43(アトランティス号)は宇宙通信を補助するための追跡・データ中継衛星TDRSを軌道上に運びました。また、国際宇宙ステーション建設のための技術テストや、地球のオゾン層の観測もおこなっています。ルシッドはMSとして参加しました。
STS-58(コロンビア号)は48匹のネズミやリチャード・A・サーフォスとマーティン・フェトマンの二人の宇宙飛行士を被験者にして、宇宙の微小重力環境が人間の体におよぼす影響についての医学的な研究をおこないました。ルシッドはMSとして参加しました。
STS-76(アトランティス号)は、STS-71(アトランティス号、1995年6月29日打ち上げ)からはじまって3回目となる、ロシア宇宙ステーション「ミール」とのドッキングをおこないました。ルシッドは「ミール」に乗り移ってそのまま残り、STS-79(アトランティス号、1996年9月16日打ち上げ)で帰還するまで半年ちかく宇宙に滞在していました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-51-G(ディスカバリー号、1985年6月17日打ち上げ)は7日と1時間38分、宇宙に滞在しました。STS-34(アトランティス号、1989年10月18日打ち上げ)は4日と23時間39分、宇宙に滞在しました。STS-43(アトランティス号、1991年8月2日打ち上げ)は8日と21時間21分、宇宙に滞在しました。STS-58(コロンビア号、1993年10月18日打ち上げ)は14日と12分、宇宙に滞在しました。STS-76(アトランティス号、1996年3月22日打ち上げ)ではロシア宇宙ステーション「ミール」に乗り移って約6カ月のあいだ宇宙に滞在しました