JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

チャールズ・J・プレコート

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前::チャールズ・J・プレコート(Charles J.Precourt)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1955年6月29日(マサチューセッツ州ウォルサム)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-55/コロンビア号)(STS-71/アトランティス号)(STS-84/アトランティス号)(STS-91/ディスカバリー)

プレコートは、スペースシャトルの乗組員などが所属する、NASA宇宙飛行士事務所の所長を務める人物です。また4回の宇宙飛行を経験したベテラン飛行士でもあります。彼は、1977年にアメリカ空軍アカデミーの航空工学科を卒業した後、空軍でパイロット訓練を積み、1985年にはエドワード空軍基地のテストパイロット学校に入学、卒業後はテストパイロットとしてF-15E、F-4などを操縦していました。そのかたわらで1988年にはゴールデンゲート大学で工学の修士課程を修了、さらに1990年には海軍戦争大学で国家安全保障と戦略の研究で修士を得ています。
NASAに参加したのは1990年1月で、1年の訓練の後、1991年7月に宇宙飛行士になりました。NASAでは地上局で宇宙飛行士との交信を行うCAPCOM(カプコム)などを担当した他、宇宙飛行士事務所の操作開発部門の責任者などを務めています。彼は日常生活では結婚して3人の娘がおり、軽飛行機の操縦などが趣味で、自分の組み立てた飛行機で空を飛んでいます。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-55(コロンビア号、1993年4月26日打ち上げ)では、スティーブン・R・ナーゲル、テレンス・T・ヘンリックス、ジェリー・L・ロス、バーナード・A・ハリス、ウルリッヒ・ウォルター、ハンス・ウィリアム・シュレーゲルと同乗しました。
STS-71(アトランティス号、1995年6月27日打ち上げ)では、ロバート・L・ギブソン、エレン・S・ベーカー、グレゴリー・J・ハルボウ、ボニー・J・ダンバー、アナトリー・Y・ソロビエフ、ニコライ・M・ブダリンと同乗しました。なお、このときは宇宙ステーション「ミール」の乗組員交代が行われ、ソロビエフとブダリンが乗り込む代わりに、ミールからウラジミール・N・デチュロフ、ゲナディ・M・ストレカロフ、ノーマン・E・ザガードがシャトルに乗り込み、地球に帰還しています。
STS-84(アトランティス号、1997年5月15日打ち上げ)では、アイリーン・M・コリンズ、ジャン-フランセーズ・クリアボイ、エドワード・ツァン・ルー、カルロス・I・ノリエガ、エレーナ・ウラジミローヴナ・コンダコヴアC・マイケル・フォールと同乗しました。
STS-91(ディスカバリー号、1998年6月2日打ち上げ)では、フランクリン・チャン-ディアズ、ウェンディ・ローレンス、ジャネット・カバンディ、バレリー・リューミン、アンディ・トーマスと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-55(コロンビア号)では、ドイツが主催する宇宙実験室D-2が行われ、生命科学や材料科学、物理学、ロボット工学、宇宙と地球などに関する90近い実験が行われました。また、シャトルと地上とのアマチュア無線の実験(SAREX)が行われ、世界の14の学校の生徒との交信が行われました。プレコートはミッション・スペシャリストとして搭乗し、数々の実験を行っています。STS-71(アトランティス号)では、ロシアの宇宙ステーション「ミール」との間で、はじめて乗員の交替が行われました。このとき、シャトルはミールとのドッキングシステムを宇宙に運んでいます。プレコートはパイロットとして搭乗、ミールとのドッキングを行いました。
STS-84(アトランティス号)では、ミールとの6度目のランデブが行われ、97年1月からミールに滞在していたJ・レニンガー飛行士がシャトルに乗り込み、新たにM・フォール飛行士がミールに残りました。この飛行ではプレコートは、船長(コマンダー)として指揮にあたりました。
STS-91(ディスカバリー号)では、宇宙ステーション「ミール」との9回目のランデブが行われました。このドッキングでNASA宇宙飛行士アンディ・トーマスがミールから帰還し、ロシア共和国のチーフ宇宙飛行士バレリー・リューミンが、老朽化した機器の検査のためにミールへ渡っています。この飛行でもプレコートは、船長(コマンダー)として指揮にあたっています。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-55(コロンビア号、1993年4月26日打ち上げ)では10日、STS-71(アトランティス号、1995年6月27日打ち上げ)では9日間と19時間23分、STS-84(アトランティス号、1997年5月15日打ち上げ)では9日間と5時間20分、STS-91(ディスカバリー号、1998年6月2日打ち上げ)では9日間と19時間54分、宇宙に滞在しています。