JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ケント・V・ロミンガー

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前::ケント・V・ロミンガー(Kent V.Rominger)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1956年8月7日(コロラド州デル・ノルテ)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-73/コロンビア号)(STS-80/コロンビア号)(STS-85/ディスカバリー号)(STS-96/ディスカバリー号)

ロミンガーはこれまでシャトルのパイロットを3回、船長を1回経験している宇宙飛行士です。彼は1978年にコロラド州立大学の土木工学科を卒業、アメリカ海軍に入隊して、F-14トムキャット戦闘機の飛行士となりました。1981年からは空母キティーホークなどに乗船するかたわら、海軍戦闘兵器学校(トップガン)で飛行技術を磨いています。1987年には海軍大学大学院で航空工学の修士を取得し、同時にテストパイロット教習を終えました。その後はF-14Bなどのテストパイロットなどを経験し、1990年には湾岸戦争のデザートストーム作戦に空母ニミッツに乗船して参加しています。
NASAに選ばれたのは1992年3月で、1年間の訓練を経て、1992年8月に正式に宇宙飛行士になりました。地上勤務では宇宙飛行士事務所の作戦開発部門で働いています。ロミンガーは今後就航する新型スペースシャトルの操縦技術を持っています。プライベートでは息子が1人あり、スキーや乗馬を趣味にしています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-73(コロンビア号、1995年10月20日打ち上げ)では、ケネス・D・ボワソックスキャスリン・C・ソーントン、キャサリーン・G・コールマン、マイケル・E・ロペス-アレグリア、フレッド・W・レスリー、アルバート・サッコ Jr.と同乗しました。
STS-80(コロンビア号、1996年11月19日打ち上げ)では、ケネス・D・コックレル、タミー・ジャーニガン、トム・ジョーンズ、ストーリー・マスグレーブと同乗しました。
STS-85(ディスカバリー号、1997年8月7日打ち上げ)では、カーティス・L・ブラウン Jr.、ロバート・L・キュアビーム、ステファン・K・ロビンソン、ビャーニ・V・トリゴベソン、ナンシー・ヤン・デービスと同乗しました。
STS-96(ディスカバリー号、1999年5月27日打ち上げ)では、リック・ハズバンド、タマラ・ジャーニガン、エレン・オコア、ダニエル・バリー、ジュリー・パエット、ヴァレリー・イワノビッチ・トカレフと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-73(コロンビア号)では、アメリカの微小重力実験室が搭載された2回目の飛行でした。このときは、バイオテクノロジーや金属などの素材の合成、液体物理学や燃焼科学の実験が行われました。ロミンガーは、パイロットとしてシャトルの操縦を担当しました。
STS-80(コロンビア号)では、WSF(Wake Shield Facility)と極紫外線スペクトル分析衛星ORFEUSの宇宙空間への放出と再回収が行われました。WSFは宇宙の無重力空間で新素材の製造などを行う実験装置で、今回は、半導体やハイテク電子部品を作り込むための薄いシリコンフィルムを製造するための実験を行いました。またORFEUSは極紫外線を分析することにより、星の組成と構造を調べるのが目的です。ロミンガーはパイロットとしてシャトルの操縦を担当しました。
STS-85(ディスカバリー号)では、CRISTA-SPAS衛星の放出や、日本製のロボットアームの実演操作テスト、地球大気の変化の研究、その他に将来の国際宇宙ステーション建設に向けて各種技術のテストなどが行われました。ロミンガーはパイロットとしてシャトルの操縦を担当しました。
STS-96(ディスカバリー号)では、国際宇宙ステーションに約4トンの水や食料などの生活必需品や機材などが運び込まれました。これは2000年はじめからスタートする、ステーションでの宇宙飛行士の宇宙滞在生活に備えたものです。ロミンガーは船長(コマンダー)として乗組員の指揮にあたりました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-73(コロンビア号、1995年10月20日打ち上げ)では15日と21時間52分、STS-80(コロンビア号、1996年11月19日打ち上げ)では17日と15時間53分、STS-85(ディスカバリー号、1997年8月7日打ち上げ)では11日と20時間27分、STS-96(ディスカバリー号、1999年5月27日打ち上げ)では9日と19時間12分、宇宙に滞在しています。