JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ウォルター・M・シラー

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:ウォルター・M・シラー(Walter M. Schirra Jr.)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1923年3月12日(ニュージャージー州ハッケンサック)
所属宇宙機関:アメリカ海軍(USN)
飛行実績:マーキュリー計画(アトラスD/マーキュリー8号)、ジェミニ計画(タイタンII/ジェミニ6-A号)、アポロ計画(サターンIB/アポロ7号)

アメリカ海軍中佐ウォルター・M・シラーはアメリカ海軍兵学校(科学部学士)、アメリカ海軍テストパイロット校を経て、宇宙飛行士としてマーキュリー8号(シグマ7)に搭乗、1962年10月3日、マーキュリー8号で衛星軌道に乗りました。J・グレンやM・カーペンターは無重力状態で人間が活動できることを証明しましたが、シラーは宇宙船のなかでの長時間作業において、実績を残しています。また、シラーは、マーキュリー8号のほかに、ジェミニ6号(1965年12月15日〜16日)、アポロ7号(1968年10月11日〜22日)にも搭乗しました。
現在は、海軍を退役しています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
マーキュリー8号(1962年10月3日)は単独飛行。ジェミニ6号(1965年12月)では、アメリカ空軍のトーマス・P・スタフォード大尉が同乗。アポロ7号(1968年10月)ではシラー海軍大佐のほかに、ドン・F・エイゼル空軍少佐、民間人のテストパイロットのウォルター・カニンガムが同乗しました。

マキューリー8号での宇宙飛行のため、宇宙船シグマ7号の中に入るシラー
マキューリー8号での宇宙飛行のため、宇宙船シグマ7号の中に入るシラー

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
マーキュリー8号に乗ったシラーは、これまでより長い時間(9時間14分)の有人飛行に成功。宇宙空間で長時間の作業ができることを証明しました。
マーキュリー8号の次にシラーが乗った宇宙船はジェミニ6号です。しかし、ジェミニ6号は宇宙でランデブー、ドッキングする予定だったアジェナロケット段の打ち上げが失敗したために、打ち上げが延期となってしまいました。そこで、NASAはアジェナロケットの代わりにジェミニ7号を先に打ち上げ、その後で打ち上げるジェミニ6号とランデブーをおこなうことを計画しました。ジェミニ6号と7号はドッキングはできませんが、ランデブーの訓練はできました。1965年12月4日、ジェミニ7号は先に出発しました。ところが、12月12日に予定されたジェミニ6号の打ち上げは、発射台座の故障により、またしても延期。ジェミニ6号の打ち上げは、3日遅れの1965年12月15日となりました。このようなトラブルはありましたが、ランデブーは成功。両宇宙船は近づいたり離れたりという訓練をしながら、地球を一緒に数周回りました。最短では30cm以内に近づくことに成功しました。
次にシラーはアポロ7号に乗りましたが、これはアポロ計画では初めての有人宇宙船です。1968年10月11日に打ち上げられました。11日間かけて地球を回り、宇宙船の性能をテストしました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
シラーは、マーキュリー8号で9時間14分、ジェミニ6号で25時間51分、アポロ7号で11日間(260時間9分)、宇宙を飛んでいます。