JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

トーマス・P・スタフォード

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:トーマス・P・スタフォード(Thomas P. Stafford)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1930年9月17日(オクラホマ州ウェザーフォード)
所属宇宙機関:アメリカ空軍(USAF)
飛行実績:ジェミニ計画(ジェミニ6-A号/ジェミニ9-A号/タイタンII)、アポロ計画(アポロ10号/サターンV)、アポロ−ソユーズテスト計画(アポロ/サターンIB)

トーマス・P・スタフォードは、アメリカ海軍士官学校で理学士を取得したのち、1965年12月15日にジェミニ6号で、初めて宇宙へ行きました。この飛行では数多くのトラブルを乗り越え、ジェミニ7号とのランデブーに成功しました。その後、ジェミニ9号、アポロ10号を経て、1975年のアポロ−ソユーズテスト計画に参加しました。この計画は、アメリカとソビエト間の緊張が緩和されつつあるなかで実行された、初の国際的な宇宙飛行となりました。この飛行は、宇宙での有人飛行の安全性を増すため、また、将来、両国共同で科学実験をおこなえるように、アポロ号とソユーズ号をドッキングさせることを目的としていました。
これらの宇宙飛行を終え、その後、彼は空軍を退役。現在バージニア州アレクサンドリアにあるスタフォードバークヘッカー社の副会長を務めています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
1965年12月のジェミニ6号ではウォルター・M・シラーが同乗。翌年1966年6月のジェミニ9号にはユージン・サーナン、1969年5月のアポロ10号ジョン・W・ヤング、ユージン・サーナンが同乗、1975年7月のアポロ-ソユーズテスト計画では、アポロにスタフォードとドナルド・スレイトン、バンズ・ブランドが搭乗し、ドッキングしたソユーズには、ソビエトのアレクセイ・レオーノフとクレリイ・クバソフが搭乗していました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
ジェミニ6号は、1965年12月15日に、ジェミニ7号を追うかたちで打ち上げられました。ジェミニ6号は地球軌道上で、ジェミニ7号とランデブーをおこない、30cmにまで近づくことに成功、翌日の12月16日に帰還しました。
1966年6月3日に出発したジェミニ9号では、サーナンによって宇宙船外活動がおこなわれました。当時の作業用装備での船外活動は、かなりの体力を必要とするものでした。ジェミニ9号は、6月6日、目標からわずか0.7Kmのところに着水しています。
初めて月着陸船で月軌道を回ったのは、1969年5月18日から26日までのアポロ10号でのことでした。スタフォードらは月面まで14.3Kmのところに近づくことができました。この飛行の結果が、次のアポロ11号の月面着陸計画に生かされました。
アメリカ-ソビエト初の共同計画、アポロ−ソユーズテスト計画は、1975年7月15日から24日までの間、実行されました。宇宙での救援活動、また共同実験を可能にするため、アポロ号とソユーズ号がドッキングできるように、新しいシステムが開発され、宇宙空間でテストされました。7月17日にドッキングは無事成功し、両国の宇宙飛行士は相手側の宇宙船に入り、実験をおこないました。

ドッキングしたアポロとソユーズ。写真はアポロ・ドッキングモジュールからソユーズ軌道モジュールに続く昇降口部分。正面がスタフォード。手前のカメラを持っているのが、ソ連の宇宙飛行士アレクセイ・A・レオノフ
ドッキングしたアポロとソユーズ。写真はアポロ・ドッキングモジュールからソユーズ軌道モジュールに続く昇降口部分。正面がスタフォード。手前のカメラを持っているのが、ソ連の宇宙飛行士アレクセイ・A・レオノフ

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
ジェミニ6号では25時間51分、ジェミニ9号は72時間21分、アポロ10号では192時間4分、アポロ−ソユーズ計画では217時間28分でした。

※参考文献:的川泰宣「飛びだせ宇宙へ」岩波ジュニア新書、「日本と世界の宇宙ロケットと衛星カタログ」成美堂出版、宇宙開発事業団・編「新版宇宙飛行士になるための本」同文書陰ケネス・W・ガトランドほか/佐貫亦男・日本語版監修「世界の宇宙開発」旺文社