JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ワレンチナ・V・テレシコワ

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:テレシコワ・ワレンチナ・V(Valentina Vladmirovna Tereshkova)
性別:女
国名:ソ連
生年月日:1937年3月6日(ロシア共和国ヤロスラブリ近郊)
所属宇宙機関:ソビエト連邦空軍
飛行実績:ボストーク宇宙船(ボストーク6号/A-1)

ヤロスラブリ紡績技術学校を、1960年に卒業した工場労働者出身のテレシコワは、州の航空クラブに属していたのがきっかけで、宇宙飛行士候補となり、短期の飛行訓練を受けたのち、史上初の女性宇宙飛行士となりました。彼女が乗った人工衛星ボストーク6号は、1963年6月16日に打ち上げられ、71時間弱の飛行で地球を48周、彼女のコールサインである「私はカモメ」という言葉が世界に伝わりました。航行後、同じ宇宙飛行士のニコラエフと結婚(その後離婚)、正規の技術教育課程を修了し、宇宙飛行士訓練学校職員を経て、ソ連婦人委員会議長、対外友好文化交流協会連盟議長などを務め、二度来日しています。
たとえ米ソの宇宙開発競争の産物であっても、のちにソユーズ衛星に搭乗したサビツカヤ、イリナ、そしてアメリカのスペースシャトルの飛行士ライド、レズニク、近年では向井千秋女史らの活躍に連なる、女性宇宙飛行士への道を開いた意義は大きいでしょう。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
単独飛行でしたので、いません。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
テレシコワの乗ったボストーク最後の衛星6号は、1963年6月16日、A−1ロケットによってバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。テレシコワは、それまでの飛行士たちと同じように宇宙酔いに悩まされながらも軌道飛行を約3日間続けたあと、ウラル地方南部に降下しました。この飛行は、前年の8月におこなわれたアンドリアン・ニコラエフ少佐の乗ったボストーク3号とパベル・ポポビッチ中佐の乗ったボストーク4号の飛行に続く編隊飛行という狙いもあり、ボストーク6号はワレリー・ブイコフスキー中佐を乗せ48時間前に打ち上げられていたボストーク5号と極めて近い軌道に乗りました。これは厳密な意味でのランデブー技術ではありませんが、のちの宇宙船同士のドッキングに向け、ソ連は貴重な経験を積んだのです。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
ボストーク6号の全飛行時間は、70時間50分でした。

※参考文献:バズ・オルドリン+マルカム・マコネル/鈴木健次ほか訳「地球から来た男」角川選書、的川泰宣「飛びだせ宇宙へ」岩波ジュニア新書、宇宙開発事業団・編「新版宇宙飛行士になるための本」同文書陰ケネス・W・ガトランドほか/佐貫亦男・日本語版監修「世界の宇宙開発」旺文社