JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

カール・E・ウォルツ

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:カール・E・ウォルツ(Carl E. Walz)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1955年9月6日(オハイオ州クリーブランド)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-51/ディスカバリー号)(STS-65/コロンビア号)(STS-79/アトランティス号)(STS-108/エンデバー号)、国際宇宙ステーション計画(第4次滞在クルー)

ウォルツは、高校卒業後、1977年にオハイオ州立ケント大学で物理学部を修了し、1979年にジョン・キャロル大学で、固体物理学の修士課程を修めています。その後、1982年までカリフォルニア州のマクレラン空軍基地で原子力探知機による放射能サンプル分析にたずさわり、以後、空軍で飛行テストエンジニアなどを務めてきました。1990年1月にNASA宇宙飛行士に抜擢され、これまでに4回の飛行実績を持つベテランです。D.バーシュと共に米国最長宇宙滞在記録(196日)を保持しています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-51ではF.L.カルバートソン、W.リディー、J.ニューマン、D.バーシュと、STS-41では、R.リチャード、R.カバナ、B.メルニク、T.エーカーズと、STS-65では日本の向井千秋やR.カバナ、J.ハルセルJr、R.ヒーブ、L.チャオ、D.トーマスと、STS-79ではW.レディ、T.ウィルカット、T.エーカーズ、J.ブラハ、J.アプト、S.ルシッドと、STS-108ではD.ゴーリー、M.ケリー、L.ゴドウィン、D.タニ、Y.I.オヌフリエンコ、D.バーシュ同乗しています。

2.宇宙でどのようなことを行い、どのようなことに成功しているの?
STS-51ではミッションスペシャリスト(MS)として飛行し、ハッブル宇宙望遠鏡修理準備の船外活動(EVA)、次世代通信技術衛星(ACTS/TOS)とシャトルのパレット衛星(ORFEUS/SPAS)の放出・回収を行いました。シャトル史上最長飛行記録を樹立したSTS-65では、オービタ・フライトエンジニアとして、第2次国際微小重力実験室(IML-2)の運搬、素材研究、生命科学研究等を行いました。STS-79では再度MSを務め、ロシアの宇宙ステーション「ミール」とドッキングして食料や実験機材等を移送しました。STS-108ではフライトエンジニアとして第4次国際宇宙ステーション(ISS)滞在に参加し、EVAISS内外の補修や機材のフライトテストを行いました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
ウォルツは4回の飛行と、第4次ISS滞在クルーとして合計231日の宇宙滞在を行いました。