JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジョン・W・ヤング

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:ジョン・W・ヤング(John W. Young)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1930年9月24日(カルフォルニア州サンフランシスコ)
所属宇宙機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:ジェミニ計画(ジェミニ3号/ジェミニ10号/タイタンII)、アポロ計画(アポロ10号/アポロ16号/サターンV)、スペースシャトル計画(STS-1/コロンビア号)(STS-9/コロンビア号)

ジョン・W・ヤングはジョージア工科大学で航空工学を学んだのち、アメリカ海軍に入隊。海軍では、テストパイロットの訓練を受け、海軍エアテストセンターに3年間所属しました。そして、1962年9月に宇宙飛行士に選ばれました。
ヤングは6回も宇宙飛行をしていますが、その最初の宇宙飛行は、1965年3月23日に打ち上げられたジェミニ3号でした。これは、アメリカ初の2人乗りの宇宙船で、ジェミニ計画初の有人宇宙飛行でした。ヤングはその後、ジェミニ10号アポロ10号などにのり、宇宙船司令官、司令船パイロットとして宇宙に飛び立っています。スペースシャトルの初飛行であるSTS-1・コロンビアにも搭乗しています。
また、ヤングは1973年から1987年までの間、スペースシャトルの設計や宇宙開発のサポート、宇宙飛行士の育成を業務とするアストロノート・オフィスのスペースシャトル部門のチーフを務め、オービタの着陸プログラム、25のスペースシャトル計画に取り組みました。
1987年から1996年にかけては、開発や操作、安全性を担うJSC(NASAジョンソン宇宙センター)で、スペースシャトルが安全に航行をするための指揮や、新しいスペースシャトル宇宙ステーションを開発するための仕事にたずさわっていました。
現在は、ジョンソン宇宙センターの技術的なアシスタント・ディレクターとして、宇宙センターでのあらゆるプログラムや活動に対する技術面や、安全性を管理する仕事をしています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
ジェミニ3号(1965年3月23日打ち上げ)で、バージル・ガス・グリソムと同乗。ジェミニ10号(1966年7月18日から21日)では、司令官として、マイク・コリンズ操縦士とともに搭乗。
司令官パイロットを務めたアポロ10号(1969年5月18日から26日)では、トム・スタンフォードとジーン・サーナンが同乗しました。
アポロ16号(1972年4月16日から27日)では、宇宙船司令官としてケン・マッティングリー、チャーリー・デュークと同乗。
スペースシャトルSTS-1(1981年4月12日から14日)では、宇宙船司令官としてボブ・クリッペン操縦士とともに、搭乗。
スペースシャトルSTS-9 (1983年11月28日から12月8日)では、宇宙船司令官として搭乗。同乗したのはブルースター・ショウ操縦士、ボブ・パーカー(船外活動もおこなうミッション・スペシャリスト)、オーウェン・ギャリオット、バイロン・リヒテンベルグ(ペイロード・スペシャリスト。搭乗実験科学者)、ウルフ・メルボルトです。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
1966年7月のジェミニ10号で、ドッキング用の標的衛星アジェナとドッキング、ランデブーに成功。また、アジェナ8号から宇宙じん検知器を回収しました。
1969年5月のアポロ10号では、初めて月着陸船をつけて月周回飛行をおこないました。そして、月周回軌道で着陸船を切り離し、着陸船は月から14.3kmまで近づいたのち、再び司令・機械船とドッキング。月着陸船の月周辺での性能テストに成功しました。ヤングはこのとき、アポロ司令・機械船に残り、月を周回していました。このアポロ10号の月周回軌道での着陸船のテストは、次に打ち上げられ、月に初めて着陸したアポロ11号の予行演習でした。
1972年4月のアポロ16号では、ヤングはチャールズ・M・デューク飛行士とともに、月着陸船オライオンにのって月に着陸。デカルト高地の調査をおこない、月着陸船の外で計20時間14分過ごし、約95kgの岩石を採集しました。また、このとき、磁力計を使った実験から、月に磁場があることが初めて発見されています。
1981年4月のSTS-1では、133種にものぼるさまざまなテストが実施されました。
1983年11月から12月のSTS-9で、SEPAC(日本のオーロラ実験)で70種以上のもの実験をおこない、以前に宇宙に行ったアポロやスカイラブがまとめたもの以上の科学的、技術的データを得ることができました。

月の標本を集めているヤング。左上の車が月面走行移動車(LRV)
月の標本を集めているヤング。左上の車が月面走行移動車(LRV)

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
テストパイロット出身であるヤングの総飛行時間は、ジェット機や宇宙船での飛行を含めると、1万3,000時間以上にもなります。そのうち、宇宙飛行時間は835時間です。
ジェミニ3号では4時間53分、ジェミニ10号では70時間47分。アポロ10号は192時間4分、アポロ16号では265時間52分、そのうち月面には71時間3分滞在し、合計20時間15分の月面活動をおこないました。
スペースシャトルSTS-1では、2日と6時間21分、スペースシャトルSTS-9では、10日と7時間47分、宇宙飛行をおこなっています。