JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジェミニ10号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:ジェミニ10号(Gemini 10)
小分類:ジェミニ計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1966年7月18日
帰還年月日:1966年7月21日
打ち上げロケット:タイタンII
宇宙飛行士:ジョン・W・ヤング/マイケル・コリンズ
飛行時間:70時間47分
国際標識番号:1966066A

ジェミニ10号では、人工衛星アジェナとのランデブーやドッキング、そして船外活動が行われました。それらの作業は、すでに始まっていたアポロ計画のために必要な実験でした。月へ人間を送るアポロ計画では、宇宙船と月着陸船をドッキングさせなければならないからです。
しかし、宇宙服で宇宙空間に出ての作業はたいへん困難なものでした。ジェミニ9-A号のユージン・サーナン宇宙飛行士がとても苦労したように、ジェミニ10号のマイケル・コリンズ宇宙飛行士もまた船外活動に苦労しました。ジェット・ガンを使って人工衛星アジェナまで移動したコリンズは「船体に手すりがないということは、たいへんな障害だと思った。アジェナにつかまることはできたが、反対側にまわっていきたいと思っても、行けなかった。これは明らかに問題だ」と報告しています。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
ジェミニ宇宙船は搭乗カプセルと機械船から構成され、円錐形をしています。機械船は電力や酸素などをカプセルに供給する役目のもので、実験装置を収める場所でもありました。2つをあわせた全長は5.6m、最大直径3.1m、重量3.5tです。逆推進エンジンや姿勢制御エンジンがついていました。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
タイタンIIは大陸間弾道ミサイルを改良した多段式ロケットで、全長33.2m、直径3.1m、重量185tです。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
打ち上げから約2分30秒後にタイタンIIの第1段が切り離され、地球周回軌道に入ると第2段が切り離されます。軌道上で人工衛星アジェナとドッキング実験などを行ったあと、地球に戻りました。機械船が切り離され、搭乗カプセルだけで大気圏に再突入しました。

4.宇宙飛行の目的は?
人工衛星アジェナとのドッキングや船外活動です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
人工衛星アジェナとのドッキングに成功し、マイケル・コリンズ宇宙飛行士船外活動を行ないました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均・監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、野田昌宏・編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)