JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジェミニ7号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:ジェミニ7号(Gemini 7)
小分類:ジェミニ計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1965年12月4日
帰還年月日:1965年12月18日
打ち上げロケット:タイタンII
宇宙飛行士:フランク・ボーマン/ジェームズ・A・ラベル
飛行時間:330時間35分
国際標識番号:1965100A

ジェミニ7号は2週間にわたって宇宙空間に滞在し、地球のまわりを206周しました。飛行時間の330時間35分はジェミニ計画で最長記録です。月と地球のあいだを往復するのに十分な時間で、アポロ計画に向けての大いなる成果でした。
また、ジェミニ7号のもうひとつの目的は、後から打ち上げられたジェミニ6-A号とのランデブーでした。6-A号は、本当なら人工衛星アジェナに接近してドッキングする予定だったのですが、アジェナが爆発事故をおこしたため、7号とのランデブーに変更されたのです。
ジェミニ7号の飛行が12日間になっとき6-A号は打ち上げられ、軌道に乗ってから6時間たらずで7号に追いつき、5時間のあいだ一緒にならんで飛行しながら、地球を3周しました。両宇宙船は最短で30cmまで接近することに成功しています。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
ジェミニ宇宙船は搭乗カプセルと機械船から構成され、円錐形をしています。機械船は電力や酸素などをカプセルに供給する役目のもので、実験装置を収める場所でもありました。2つをあわせた全長は5.6m、最大直径3.1m、重量3.5tです。逆推進エンジンや姿勢制御エンジンがついていました。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
タイタンIIは大陸間弾道ミサイルを改良した多段式ロケットで、全長33.2m、直径3.1m、重量185tです。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
打ち上げから約2分30秒後にタイタンIIの第1段が切り離され、地球周回軌道に入ると第2段が切り離されます。打ち上げから12日目にジェミニ6-A号とのランデブーを行ったあと、さらに2日間飛行してから地球に戻りました。機械船が切り離され、搭乗カプセルだけで大気圏に再突入しました。

4.宇宙飛行の目的は?
宇宙での長期滞在と、ジェミニ6-A号とのランデブーで
す。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
2週間のあいだ宇宙に滞在し、ジェミニ6-A号とのランデブーにも成功しました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均・監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、松井孝典・著/「宇宙誌」(徳間書店)