JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ジェミニ8号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:ジェミニ8号(Gemini 8)
小分類:ジェミニ計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1966年3月16日
帰還年月日:1966年3月17日
打ち上げロケット:タイタンII
宇宙飛行士:ニール・A・アームストロング/デビッド・R・スコット
飛行時間:10時間41分
国際標識番号:1966020A

ジェミニ8号は人工衛星アジェナとのドッキング実験に成功しました。先に打ち上げられていたアジェナに、ジェミニ8号は軌道に乗ってから5時間で追いつき、30分以上かけてアジェナの周囲をまわりながら点検したあと、ドッキングしています。
しかし、それから27分後にトラブルがおこり、ジェミニ8号と人工衛星アジェナはドッキングしたままで予期せぬ回転をはじめました。アジェナを切り離してもジェミニ8号の回転は止まりませんでした。原因はジェミニ8号のほうにあり、操縦用エンジンのひとつが故障して勝手に噴射していたのです。
危険な状態でした。宇宙船を安定させるには、大気圏再突入のための制御装置の推進ロケットを点火するしかありません。しかしそうすると、地球へ戻るのに必要な燃料を消費してしまうことになります。アームストロング船長は残された飛行計画を中止して、推進ロケットに点火し、無事に地球へ帰還しました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
ジェミニ宇宙船は搭乗カプセルと機械船から構成され、円錐形をしています。機械船は電力や酸素などをカプセルに供給する役目のもので、実験装置を収める場所でもありました。2つをあわせた全長は5.6m、最大直径3.1m、重量3.5tです。逆推進エンジンや姿勢制御エンジンがついていました。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
タイタンIIは大陸間弾道ミサイルを改良した多段式ロケットで、全長33.2m、直径3.1m、重量185tです。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
打ち上げから約2分30秒後にタイタンIIの第1段が切り離され、地球周回軌道に入ると第2段が切り離されます。軌道上で人工衛星アジェナとドッキングしたあと、事故のため緊急で地球に戻りました。機械船が切り離され、搭乗カプセルだけで大気圏に再突入しました。

4.宇宙飛行の目的は?
人工衛星アジェナとドッキングするためです。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
人工衛星アジェナとのドッキングに成功しました。そのあとにおこった事故を冷静な判断で解決しました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均・監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、松井孝典・著/「宇宙誌」(徳間書店)