JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

神舟5号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行
名称:神舟5号/シェンチョウ5号
小分類:プロジェクト921・神舟
打ち上げ国名・機関:中国/中国国家航天局(CNSA)、中国航天工業公司(CASC)
打ち上げ年月日:2003年10月15日9時00分
帰還年月日:2003年10月16日6時23分
打ち上げロケット:長征2F(CZ-2F)
飛行時間:21時間23分
宇宙飛行士:ヤン・リーウェイ

2003年10月15日9時、中国北西部甘粛省、酒泉衛星発射センターから長征2Fロケットで、中国初の有人宇宙船「神舟(シェンチョウ)5号」が打ち上げられました。宇宙船は3人乗りですが、乗組員は楊利偉(ヤン・リーウェイ)中佐1人です。地球を14周したあと16日6時4分に再突入モジュールが大気圏に再突入し、6時23分に内モンゴルに着地しました。これで中国は、世界で3番目の有人飛行を成功させた国となりました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
技術導入したロシアの宇宙船ソユーズを、中国独自に大幅に改良したものと見られています。船体は、ほぼ円筒形、最大直径2.8m、全長8.8m、重量7.6t。 3人乗りで、軌道上において宇宙飛行士が船内活動する軌道船、打ち上げ時と帰還時に乗船する帰還船、動力のある推進部から成っています。軌道船と推進部には、太陽電池パネルが2枚ずつついています。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
長征2Fロケットは、全長58mの2段式です。補助ロケットを4本足すと高度200kmの低軌道に9.5tの物資を運べます。日本のロケットH-IIAと、ほぼ互角の性能といえます。長征2Fは神舟専用に開発されたロケットで、中国の打ち上げロケットの主力をになう長征シリーズの派生タイプです。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
2003年10月15日9時00分に中国北西部甘粛省、酒泉衛星発射センターから打ち上げ後、飛行士、楊利偉(ヤン・リーウェイ)中佐1名を乗せた宇宙船は、約10分後にロケットから切り離され、高度200~300kmの楕円軌道に投入されました。そのあと予定どおり、高度343kmの円軌道に移りました。宇宙船は地球を14周し、軌道船を分離、その後、軌道を離脱し推進部を分離、16日6時4分に帰還船が大気圏に再突入しました。打ち上げから21時間23分後の6時23分、内モンゴル自治区の着陸場にパラシュートを展開し逆噴射して着陸しました。軌道船は宇宙に残り、科学実験を続けています。

4.宇宙飛行の目的は?
中国初の有人宇宙飛行を実現させることです。神舟(プロジェクト921)計画にもとづき、1991年11月に打ち上げられた無人宇宙船、神舟1号(再突入カプセルの回収技術の確立など)以降、2号(猿・犬など積載による動物実験)、3号(ダミー人形による実験)、4号(有人飛行のシミュレーション)と、中国は有人宇宙船を打ち上げる準備を進めてきました。旧ソ連(ロシア)、アメリカに継いで有人宇宙飛行を成功させることで、国際的な影響力を増すことができます。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
中国初の有人宇宙飛行を実現しました。旧ソ連(ロシア)、アメリカに継いで有人宇宙飛行を成功させたことで、軍事、民生の両面で国際的な影響力を増すと見られています。また、神舟5号の成功により、3人が乗船するといわれる次なる有人宇宙船、神舟6号への計画にも具体的に着手することができました。神舟6号は、2005年秋に打ち上げられる予定です。